仙台火力発電所4号機 運転再開 今年3月地震で設備に被害〈宮城〉

仙台火力発電所4号機 運転再開 今年3月地震で設備に被害〈宮城〉

  • 仙台放送ニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

仙台放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

東北電力は今年3月の地震で設備に被害を受けた「仙台火力発電所4号機」について、11月24日、運転を再開しました。

今年3月に宮城などで震度6強の揺れを観測した地震では、七ヶ浜町にある東北電力仙台火力発電所4号機で設備に被害が確認されました。仙台火力発電所4号機は地震当時、点検のため運転を停止していて、東北電力では残りの点検や補修工事を進めてきました。

東北電力によりますと、補修工事と点検作業が完了したことから、24日午後5時、およそ9カ月ぶりに運転を再開したということです。仙台火力発電所4号機の最大出力は46万8000キロワットで、今回の運転再開によって冬の電力の安定供給にもつながることが期待されます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加