紅白歌合戦出場が話題! IVE の日本1stシングル『ELEVENーJapanese ver.ー』をレビュー【音楽ナビ】

紅白歌合戦出場が話題! IVE の日本1stシングル『ELEVENーJapanese ver.ー』をレビュー【音楽ナビ】

  • @BAILA
  • 更新日:2022/11/27

音楽好きのライターが、バイラ読者におすすめの音楽をご紹介。今回は、可愛さとセクシーさを併せ持ったIVE待望の日本1stシングル『ELEVENーJapanese ver.ー』をピックアップ!

ナビゲーター

No image

ナビゲーター

戸塚真琴

友人からの誘いで、急遽「KCON」に行けることになり、K-POP熱が再燃中!

No image

昨年末にデビューして以来、絶大なる人気を誇っているIVEが待望の日本1stシングルを発売。近年デビューした“ヨジャドル”の中でも頭一つ抜けた存在となっている6人組は、日本での人気も言わずもがなだ。世代を超えて同性からの人気が高く、抜きん出たビジュアルと音楽性の高さが評価され、新曲を発売するたびにヒットチャートの上位をにぎわせているグループのひとつ。

今回発売された「ELEVEN」は、昨年韓国でデビューしたシングルの日本語ver.。知っている曲なのに、言語が変わるだけで雰囲気が異なるのを感じられる。MVでは、1年たったことで成長した6人の姿が見られるのも嬉しい。2曲目の「Queen of Hearts」は今回日本用に書き下ろされた一曲。甘く可愛らしい恋心が、ポップかつセクシーな曲調で歌われている。

可愛さとセクシーさが共存するのがIVEの魅力。パフォーマンスを目の当たりにすれば、バイラ世代も思わずため息が出てしまうはず!

『ELEVENーJapanese ver.ー』

¥1980/キューンミュージック

昨年の12月1日に韓国で発売されたデビューシングル「ELEVEN」の日本語ver.を収録。また、2曲目に入ってる「Queen of Hearts」は日本オリジナル曲。

No image

IVE

2021年12月にデビューした、ユジン、ガウル、レイ、ウォニョン、リズ、イソの6人からなる韓国ガールズグループ。グループ名は「I HAVE=IVE」を意味する。

イラスト/ユリコフ・カワヒロ ※BAILA2022年12月号掲載

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加