「恋はDeepに」スペシャルストーリー16日放送 空白の3年間描く

「恋はDeepに」スペシャルストーリー16日放送 空白の3年間描く

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/06/09
No image

空白の3年間に一体何が!? - (C)日本テレビ

9日に最終回を迎えた石原さとみ綾野剛共演の日本テレビ系ドラマ「恋はDeepに」の空白の3年間を描くスペシャルストーリーが、「恋はもっとDeepに ‐運命の再会スペシャル‐」のタイトルで16日に放送されることが明らかになった(※ネタバレあり。最終回のストーリーに触れています)

「恋はDeepに」は、海を愛する海洋学者として地上で暮らす「人魚」の渚海音(石原)と、ロンドン帰りのツンデレ御曹司・蓮田倫太郎(綾野)の恋の行方を描いたラブコメ。脚本を、「私の家政夫ナギサさん」「おっさんずラブ」などの徳尾浩司が務めた。

本日放送された最終話で、海音と倫太郎は永遠の愛を誓い、海音は海へと帰っていった。それから3年後、星ヶ浜でペンション「marine sound」を経営していた倫太郎の前に海音が現れる……という劇的な再会で幕を閉じた。

スペシャルストーリーでは、最終話での海音と倫太郎の別れから3年後に再会を果たすまでの空白の期間を、新撮シーンを交えて描く。倫太郎は何を思い、どんな日々を過ごしていたのか。海音が所属していた鴨居研究室や、巨大不動産会社・蓮田トラストのメンバーには、どんな出来事が起きていたのか。海音がビデオレターに残した伝えたかったこととは……? 最終話で描き切れなかったエピソードが明らかになる。(編集部・石井百合子)

「恋はもっとDeepに ‐運命の再会スペシャル‐」は6月16日、日本テレビ系で22:00~23:00放送

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加