朝倉未来 涙の現役続行表明...2日で引退撤回「こんなダサい終わり方でいいのか」

朝倉未来 涙の現役続行表明...2日で引退撤回「こんなダサい終わり方でいいのか」

  • 東スポWEB
  • 更新日:2023/11/22
No image

再起を誓った朝倉未来

格闘家の朝倉未来(31)が21日、自身のSNSを更新し、引退を撤回。現役続行を表明した。

未来は19日の格闘技イベント「FIGHT CLUB」(会場非公表)でYA―MAN(27)とオープンフィンガーグローブを着用したキックボクシングルールで対戦。1ラウンド1分17秒でKO負けを喫した。

その後、未来はインスタグラムで「全く記憶がなくて、自分が何者かもわからない状態で朝倉未来を調べて客観的に見てみて、これはもう引退ですね。何でこんな自分に沢山のファンがいるかもわからない状態ですが、長い間本当に格闘技にはお世話になりました。ありがとうございました。今の気持ちです(原文ママ)」と引退を表明していた。

しかし21日、インスタグラムで「精神と体のダメージが抜けるまで、格闘技を休憩させてください。血反吐を吐くような努力をして、来年必ず強い姿で戻ってきます。まだ心の炎は消えてない」と投稿。現役続行への強い意志を示した。

また、自身のユーチューブチャンネルも更新。「ここまでかという気持ちは強くて、そのぐらい負けのショックはデカイです。ただ、こんなダサい終わり方でいいのか、やり返しにいきたいという心の闘争本能、火みたいなのを感じていて」と正直な気持ちを吐露。

さらに「誰よりも悔しいです。血反吐を吐くような練習をして、必ず皆さんの前で絶対に強い姿を見せたいと思っているんで。その時まで…待っていてください」と涙をこらえながら語った。

この投稿にファンからは「かっこいいです」「すごい感動した」「ずっと待っています」「頑張って!」との声が上がっている。

東スポWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加