世にも奇妙なエイリアン物語。宇宙人に選ばれ、使命を与えられた2人男性が行方不明に

世にも奇妙なエイリアン物語。宇宙人に選ばれ、使命を与えられた2人男性が行方不明に

  • カラパイア
  • 更新日:2021/07/20
No image

1952年7月、ウィスコンシン州ラシーンで、世にも奇妙な出来事が起きた。始まりは7月22日の朝のこと。カール・ハンラスという男に宇宙人が接触をはかった。

「私はボスコといいう。おまえは私たちの銀河の兄弟として選ばれた」

宇宙人に使命を与えられたハンラスは、同様の経験をしたもう1人の男と合流する。だがその後2人は謎の失踪を遂げる。小型飛行機に乗り、宇宙人と会いに行くその途中で...

【他の記事を見る】「お前はすでにさらわれている。」 宇宙人に誘拐されたかどうかを見分ける方法

深夜の寝室で未知との遭遇、宇宙人に選ばれた男

カール・ハンラスが体験した内容はこうだ。

真夜中だというのに、ハンラスの寝室が突然、目も眩むような眩い白い光で照らされた。ハンラスはすぐに起き上がり、目が光に慣れると、部屋の隅に直径1.2メートルほどの光の球が浮いているのが見えた。

ただ驚いて見つめるほかなかったが、そのうち驚くべきことが起こった。その光る球が黒い服を着た男の姿に変わり、ハンラスの体は麻痺したように動かなくなったという。

その"男"は、ハンラスの右腕になにか化学薬品のようなものを注入した。すると、ハンラスの精神状態が明らかに変化した。

男は、おまえは我々の地球でのミッションにおいて重要な役割を果たすために選ばれたのだと告げた。

体が動かないハンラスは、ベッドからただ見ているだけしかなかった。どうみても人間にしか見えないエイリアンが言った。「私はボスコといいう。おまえは私たちの銀河の兄弟として選ばれた」

No image

photo by Pixabay

宇宙テクノロジーの武器の作り方を脳内にダウンロード

スーツにネクタイ姿のボスコは、遥か彼方の世界にいる兄弟たちは、人間が好戦的なことを大変憂えていて、地球人のそんな卑劣な性分に対して、なんらかの措置を講じなくてはならないと考えていると言ったという。

しかし、映画「地球の静止する日」のような最後通告はなく、エイリアンたちは、自分たちの正義に共感してくれる人間を集めたいと望んでいるという。

正確に言えば、自分たちが安全に闇に潜んでいるうちに、彼らの汚れ仕事をすべてやってくれる人間を探していたのだ。

ハンラスは、自分がそのひとりに選ばれたことにすぐに気づいた。さらにボスコは、ハンラス曰く"超常的な技術"を通じて、彼の頭の中に膨大なデータをダウンロードしたという。

それは、航空機、とくに米軍の航空機を破壊することのできる怖ろしい武器を作る方法だった。この宇宙の兄弟は、米軍を宇宙平和にとって危険な存在とみなしていた。

「それにも、私のボスコという名前がつけられるだろう」宇宙人らしきこの男は、ハンラスに作らせるだけでなく、配備もさせるつもりのその武器のことを言っていた。

あまりにびっくりして、薬のせいで動くこともできないハンラスは、立ち去っていくボスコをただ当惑して唖然と見つめるしかなかった。

ボスコは、ハンラスの寝室の窓のカーテンを引いて前庭に出ると、まだ暗い早朝の闇の中に消えていったというのだ。

No image

photo by Pixabay

ハンラスと同じ使命を与えられた男との共同作業

ハンラスは警察に対して、これは決して作り話ではないと断言した。

まもなく、近所の人たちが、昼も夜もハンラスの家のガレージから妙が音が聞こえると苦情を言い出した。少なくとも週に3~4回は、誰かがハンラスの家を訪ねてきて数時間滞在していくようだという。

その訪問者は、地元に住むウィルバー・J・ウィルキンソンという男だった。彼もまた、ハンラスと同じように宇宙人から使命を与えられた男だった。

8月始めの朝、FBIの捜査員が突然ハンラスの家を訪ね、ガレージで彼とウイルキンソンが作業をしていたものを見せてくれと要求した。

だが、そこにあったものは、ラジオとスピーカーをケーブルでつないだだけのものにしか見えず、捜査員たちは首を傾げながら帰っていった。

No image

photo by Pixabay

地元を離れ2人はUFO研究家と合流

ハンラスが、FBIにふいをつかれて踏み込まれることを予想していたかどうかは不明だ。しかし、確かなことは、ハンラスは今や宇宙人に与えられた使命を着実にこなしているということだ。

FBIが嗅ぎまわる中、ハンラスには新たな活動の地へ向かうしか選択の余地はなかった。名声と富という目的を達成し、兄弟ボスコの言う"正しいこと"をするには、たったひとつの方法しかなかった。

ウィスコンシン州にもFBIにも別れを告げ、あらゆるエイリアン活動が行われているカリフォルニアへと向かう潮時だった。

ハンラスとウィルキンソンは、すぐに西海岸のUFO研究の権威たちと合流した。そうした権威たちの中には、ジョージ・アダムスキーや、ジョージ・ハント・ウィリアムソンなどの宇宙人と接触したことのある者たちや、多くのUFO研究家や調査グループも含まれていた。

No image

photo by iStock

約束の地に向かったハンラスとウィルキンソンが行方不明に

1953年11月までは、すべてが順調にいっていたが、事態は謎めいた不吉な結末を迎えた。

11月10日朝、ハンラスとウィルキンソンは小型飛行機を借りて、地元の滑走路から飛び立った。その48時間前に、彼らが数人の仲間に話したように、ボスコと関係のある地球外生命体のグループと直接会うための場所へ向かったのだ。

ふたりが滑走路を離陸して、パームスプリングスやジョシュアツリーの方角へ向かうのが確かに目撃されたが、その後は二度と彼らの姿を見ることはなかった。

大規模な捜索が行われたが、ふたりは見つからなかった。飛行機の残骸も見つからず、ウィルキンソンの妻に夫から連絡が入ることもなかった。

彼らは忽然といなくなってしまったのだ。どこか外国へ行ったのか、山の中なのか、エイリアンに連れ去られたのか、決定的な答えはない。

References:UFOs and an Alien: Two Men Vanish and a Plane Flies Into Oblivion (or Somewhere…) | Mysterious Universe/The Two Men Who Went Missing Looking for a UFO | Bizarre and Grotesque/ written by konohazuku / edited by parumo

・あわせて読みたい→エイリアンと接触したとされている10人のミュージシャンたち

動画・画像が表示されていないときはこちらから

パルモ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加