【2021秋新色 厳選マストバイ! vol.1】マスクメイクを格上げするアイシャドウ

【2021秋新色 厳選マストバイ! vol.1】マスクメイクを格上げするアイシャドウ

  • SPUR
  • 更新日:2021/07/21
No image

メイクアップに自粛は不要! 旬のカラーを使いこなして、プレイフルに過ごしたい。すでに秋の新色が出揃い始めているから、暑いなんて言ってないで急いでチェックしなくては! そこで、エディター&ライターが実際に試しまくり、熱くおすすめしたい秋新色を厳選して3回にわたり、ご紹介。第1回目はマスクメイクの主役、アイシャドウ。色と質感の絶妙なバランスで、ほどよいモード感が楽しめるものばかり!

虹色の光を放つ、クジャクの羽のように魅惑的

No image

サンク クルール クチュール<バーズ オブ ア フェザー>459 ¥8,580/パルファン・クリスチャン・ディオール

季節が進むたびに変化する秋の空の色調を表現。クジャクの羽をイメージさせる、煌めくラメがエキゾチックな、ピーコックブルーとグリーンにオリーブゴールド、洗練されたサテンの輝きをたたえたコーラルピンク、シャンパンバニラの5色。ドラマティックにもナチュラルにも、変幻自在なアイメイクが楽しめる。

「偏光パールの輝きは華やかだけど品があり、久しぶりにおめかしスイッチを入れてくれます。大胆に重ねて、レッドカーペットのハリウッドセレブのように、グラマラスな仕上がりを楽しみたい。羽を模したデザインはもはやアートと呼びたい美しさです」(ビューティエディター 横溝なおこ)

パルファン・クリスチャン・ディオール
www.dior.com03-3239-0618

シックに目元を彩る、甘さを抑えた赤み系

No image

RMK ローズウッドデイドリーム 4 アイズ 左から01、02 各¥6,050/RMK Division

マット、サテン、シマー、シャイニー、4つの質感と色彩で、うつろう秋の1日の空をイメージさせる。左の01は、マットなレッドとベージュ、サテンのブラウン、シマーのコーラルで、大地を照らす早朝の柔らかな太陽のよう。右の02は、マットなウォームブラウンとサテンのダークグレー、シマーのローズピンク、シャイニーなローズゴールドで、昇った太陽が輝く午前中の光を感じる。甘くなりすぎない、大人の赤みアイメイクを楽しんで。

「赤みアイメイクをすると、子どもっぽくなったり、目元の引き締め感がイマイチだったりすることも……。でも、このパレットの赤み系は“はしゃがない”色味と上品な艶感、さらに赤みを引き立てながら引き締め感を出す締め色との組み合わせで、大人っぽいおしゃれ感が出せます」(美容ライター 河村美枝)

RMK Division
www.rmkrmk.com0120-988-271

大胆不敵な、同系色濃淡の重ね技

No image

(左)オンブル プルミエール ラック 35 ¥4,290、(右)スティロ オンブル エ コントゥール 15 ¥4,249/シャネル ©️CHANEL

目元にググッとフォーカスさせるために、同系色の濃淡を重ねるのがシャネルの2021秋冬ルック。テクニックは不要。アイシャドウにもアイライナーにもなるペンシルを二重の幅にぼかし、メタリックシマーな質感のクリームアイシャドウを重ねるだけで、たちまちエモーショナルな目元が完成する。チークもリップも肌に溶け込むような色で控えめにして、目元の存在感を際立たせて。

「スティロ オンブル エ コントゥールは、ペンシルタイプとは思えないほどふんわりと軽やかに伸び、オンブル プルミエール ラックは、一見メタリック感が強そうですが、まぶたにぼかしていくと、とっても繊細な輝きに変化。この2アイテムだけで目元にインパクトを与えられるので、マスクメイクに欠かせないアイテムになりそうです」(河村)

シャネル
chanel.com
0120-525-519

さまざまな海の表情を目元に映す6色

No image

コンパクトアディクション “センス オブ クラリティ” 101 Dawn Reflection ¥6,600/アディクション ビューティ

同じ場所でも赤みがあったり黄みがあったりと、いろいろな表情を持つ海の繊細さを、パール、スパークル、マットの3つの質感と6つのカラーで表現。夜明けの太陽の光に煌めく海をイメージした101は、静寂の中にも温かみを感じるオレンジ・ベージュのセット。穏やかなムードを堪能して。

「3つの質感、6色のカラーのパレットを前にすると、今日はどう組み合わせてみようかと、毎回メイク時にテンションが上がるはず。上中央のオレンジをアイホールに、下左のゴールドベージュをその上に重ね、上右のペールピンクをまぶたの中央から目頭へぼかしてみたら、締め色を使わなくても、光の反射でのっぺり奥二重に立体感が生まれました」(河村)

アディクション ビューティ
www.addiction-beauty.com0120-586-683

朝と夜の光をまぶたに纏ってセンシュアルに

No image

トーンタッチアイズ(左)107、(右)108 各¥4,070/SUQQU

ピンク、ブルー、グリーンの極小ラメをふんだんにブレンドし、立体的に多面的に煌めく単色アイシャドウ。左の魅惑的な玉虫色の107は夜の月が、右の柔らかでみずみずしいピンクの108は朝の光が、それぞれ露のように輝く様子を表現。単色でも存在感のある目元が完成する。

「細かいラメの輝度が高く、神々しささえ感じます。つけているだけでご利益がありそう。もう、全人類につけてほしいくらい! アイラインはひかず、単色使い+マスカラだけで仕上げて、この輝きを堪能したい」(横溝)

SUQQU
www.suqqu.com0120-988-761

エナジャイジングな大地のオーラをまぶたに

No image

ヴォランタリーベイシス アイパレット EX06 ¥6,820/セルヴォーク

ミントカラー、イエローゴールドに、くすんだオレンジとブラウン。その意外性のあるカラーの組み合わせは、自然の生命力からインスパイア。ミルキィなクリームタイプで、まぶたにのせるとしっとりとしたナチュラルな艶を醸し出すイエローゴールドを、アイベース風にしたり、他のパウダーアイシャドウの上に重ねたりすることで、表情をガラリと変えることができる。

「一気に今シーズンらしさを出せる、右下のミントカラーがキモ。黄みがあるので意外と肌になじみ、発色もコントロールしやすいです。目の際にすっと入れればクールな印象に。個人的にはミントカラーを広めに入れて、左下のオレンジをアイライン代わりに入れてコントラストをつけるのが気に入っています」(横溝)

セルヴォーク
https://celvorke.com03-3261-2892

研ぎ澄まされた、ダイヤモンドのような透明感

No image

ルナソル アイカラーレーション EX12 ¥6,820/カネボウ化粧品

ビジューのようなまばゆい輝きを放つ4色。肌にそっと溶け込むようなソフトなベージュに、濡れたような艶をもたらすシルバーとゴールド、目元に奥行きを加えるニュートラルなブラウン。左上のシルバーは、輝度の高い大粒や微細なものまで、サイズの異なるパールを絶妙な配合でブレンド。透明感を際立たせ、気高いまなざしを作り出す。

「意外とありそうでなかった、ベーシックカラー&金銀パールの組み合わせ。めちゃくちゃ使えます。シルバーとゴールドをアイライン状に入れたり、シルバーとゴールドを混ぜてアイホール全体に入れたりと、煌めきが主役の今シーズンらしいアイメイクが様々に楽しめる!」(横溝)

カネボウ化粧品
e-lunasol.net
0120-518-520

光と輝きのレイヤードで、ロマンティックに

No image

スターダストドリーマームードパレット X02 ¥7,150/THREE

星屑のように繊細な輝きのクリームアイシャドウと、しっとりとした深い光沢感のあるパウダーアイシャドウを重ねることで、シームレスな目元に。パウダーとクリームの質感が絶妙にマッチし、どちらを先にまぶたにのせても、ピタッと密着。美しいグラデーションが完成する。肌の質感までも明るく変えてしまいそうな、クリームチークもセット。

「この秋注目のカーキアイシャドウを、ナチュラルに使いこなしたいならこのパレット。クリームタイプのベージュを指でまぶたにのせ、ゴールドニュアンスのカーキをブラシで目の際に入れ、エッジを指でぼかせば、透明感と深みのある目元に」(河村)

THREE
www.threecosmetics.com0120-898-003

text:Mie Kawamura edit:Naoko Yokomizo

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加