ノーシード山村学園がV候補の花咲徳栄にサヨナラ勝ち、19年の雪辱/埼玉

ノーシード山村学園がV候補の花咲徳栄にサヨナラ勝ち、19年の雪辱/埼玉

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22
No image

花咲徳栄対山村学園 9回裏山村学園2死三塁、松野はサヨナラ右適時打を放ちガッツポーズ(撮影・浅見桂子)

<高校野球埼玉大会:山村学園6-5花咲徳栄>◇22日◇5回戦◇大宮公園野球場

ノーシードの山村学園が、優勝候補のAシード花咲徳栄をサヨナラ勝ちで下した。

豊富な投手陣を擁し、6人の継投で強力打線を封じた。

5-5で迎えた9回2死三塁、途中出場の松野勇大外野手(2年)がカウント2-2から決勝の右前打を放った。

ベンチから選手たちが飛び出し、大喜び。19年の県大会決勝で2-11で大敗した雪辱を果たし、8強入りを決めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加