阪神・西純、3回3失点「初回が全然ダメだったので反省しないと」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/08/01

阪神のドラフト1位・西純矢投手(18)=創志学園高=が31日、ウエスタン・オリックス戦(鳴尾浜)に先発し、3回4安打3失点だった。打線は5安打に抑え込まれ、無得点。試合は0-5で敗れ、3連敗となった。

西純は3回3失点。一回に二塁打と四球で1死一、二塁のピンチを招き、杉本に先制3ランを許した。「二、三回を抑えられたのはよかったかもしれないけど、初回が全然ダメだったので反省しないといけない」。3奪三振の内容についても「理想のフォームにまだまだなっていなくて、体も全然動いていない」と課題を口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加