西武・岸、九回2死一塁から代打・中村の単打で同点狙うも本塁憤死

西武・岸、九回2死一塁から代打・中村の単打で同点狙うも本塁憤死

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/11
No image

9回、西武・中村の安打で本塁生還を狙うもアウトになる岸(捕手は中日・木下)=メットライフドーム(撮影・加藤圭祐)

(セ・パ交流戦、西武5-6中日、1回戦、中日1勝、11日、メットライフ)西武は5-6の九回2死一塁から代打・中村が右中間へシングルヒット。中日の中継プレーがやや乱れたことで、一塁走者の岸が一気に本塁を狙ったがアウトの判定。辻監督のリクエストでリプレー検証が行われたが、判定は覆らなかった。

辻監督は「まあ、みんな言うよね。アウトになったら何で(三塁コーチは)回したんだってとなるし、あれが送球がちょっとでも逸れてセーフになったら好走塁という話になる。次のバッターを考えたら(森)友哉もいたわけだけど、カットマンが少し崩れたということで勝負を懸けた。(岸は)責められない」と振り返った。まさに暴走と好走塁は紙一重といったところか!?

試合結果へプロ野球日程へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加