【頭寒足熱】はなんて読む?読めたら自慢できる難読漢字

【頭寒足熱】はなんて読む?読めたら自慢できる難読漢字

  • Ray
  • 更新日:2022/01/14

「頭寒足熱」はなんて読む?

頭・寒・足・熱は日常でもよく使う漢字で、全て小学校で習います。

そんな4つの漢字が組み合わさった「頭寒足熱」は、風邪を引いたときの対処法として聞くことがあることわざです。

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

No image

果たして、正解は?

正解は、「ずかんそくねつ」でした!

頭寒足熱は、頭部を冷たく冷やし、足部を暖かくすることを意味することわざです。体の部位を使ったことわざは他にも。

「目から鼻へ抜ける」ということわざの意味はわかりますか?

正解は、頭の働きが非常によいさま。頭という漢字が使われていないのに、頭の働きを表すのは面白いですね。

この機会にいろいろなことわざを調べてみるのもいいですね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友達にも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

あわせて読みたい

💖「卒かに」はなんて読む?「そつかに」ではありません!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加