DFズーレの契約延長は? バイエルンCEO「一定の条件下においてのみ可能」

DFズーレの契約延長は? バイエルンCEO「一定の条件下においてのみ可能」

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/02/22
No image

バイエルンからの移籍も噂されるニクラス・ズーレ [写真]=Getty Images

バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOは、同クラブに所属するドイツ代表DFニクラス・ズーレの契約延長について慎重な姿勢を見せている。

バイエルンは20日、ブンデスリーガ第22節でフランクフルトとアウェイで対戦し、1-2で敗れた。この試合後、ルンメニゲCEOはドイツメディア『ZDF』のインタビューに応じ、ズーレの去就について言及した。

ズーレの現行契約は2022年6月30日までとなっているが、今月にはトーマス・トゥヘル監督が就任したチェルシーからの関心が報じられていた。バイエルンは来夏からフランス代表DFダヨ・ウパメカノがチームに加わることが決定しており、元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングの去就は不透明となっている。

ルンメニゲCEOはズーレとの契約延長について聞かれると、「彼は今夏、契約の残り期間が1年になる。協議した上でどのような結果につながるか、見ることになるだろう」と回答すると、クラブの財政状況を考慮し、以下のように話している。

「我々はもはや、コロナ渦以前ほど財政的に余裕があるわけではない。ズーレとの交渉がどうなるかはわからない。解決策を見つけることができれば、基本的には契約を延長する準備がある。ただ、それは一定の条件下においてのみ可能になる」

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加