業務スーパーの『さばフレーク』はおにぎりにもちょうどいい落ち着いた旨み

業務スーパーの『さばフレーク』はおにぎりにもちょうどいい落ち着いた旨み

  • mitok
  • 更新日:2021/12/02
No image

業務スーパーで販売されている『さばフレーク』をご存じでしょうか。

蒸しさばをほぐした瓶入りおかずです。鮭フレークなどの類似品に比べると、旨味も味付けもあっさりしたタイプ。品の良い味わいでアレンジもしやすく、ご飯のおかずやおにぎりなどに便利ですよ。

業務スーパー|さばフレーク|192円

No image

業務スーパーにて192円(税込、税抜178円)で販売中です。内容量は130g、カロリーは100gあたり297kcal(炭水化物 9.6g、食塩相当量 2.0g)。販売は神戸物産、製造は宮城製粉(業スーを運営する神戸物産の子会社)。

魚介ふりかけ類としては平均的な価格とボリューム。ただし、『イナダとカツオのフレーク』(140g・181円)や『おさかなフレーク』(160g・159円)などの業スー品の中で比べると、若干高めのポジションになります。

No image

蒸したさばをほぐしたフレーク。そのままご飯おかずにするのが鉄板ですね。粒はきめ細かく、パサッと乾いた口当たり。鮭フレークのようなしっとり感を控えた、さらっと軽い食感は特徴的です。

No image

味付けはほぼ醤油と食塩のみ。素材の旨味を活かしたタイプの、比較的あっさりした味わいです。さばに大豆たん白を加えてかさを増していますが、風味は特に違和感なし。良く言えば品の良い、悪く言えば淡白なバランスですね。

No image

濃いめの味付けでがっつりご飯を食べたい人にはイマイチ。逆に甘めのフレーク類が苦手な人には、わりと嬉しい選択肢です。お茶漬け、混ぜご飯、おにぎりなどにアレンジするのもおすすめですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

国産さばをほぐして醤油で味付けした魚介フレーク

旨味も味付けも比較的あっさり寄りで、甘みやクドさを感じない味わい

おかず度は若干低いけど、素材の風味と活用度を重視するなら悪くない選択肢

風味の濃さを重視するなら『イナダとカツオのフレーク』(140g・181円)もおすすめ

mitok編集スタッフ(T)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加