カブス・誠也 元巨人・マイコラスから適時打もダブルヘッダー連敗

カブス・誠也 元巨人・マイコラスから適時打もダブルヘッダー連敗

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/06

◇ナ・リーグ カブス3―4カージナルス、カブス2―7カージナルス(2022年8月4日 セントルイス)

No image

ダブルヘッダー第1試合の6回、適時打を放つカブス・鈴木(ロイター/USA TODAY)

カブスの鈴木はカージナルスとのダブルヘッダー2試合にフル出場。しかし勝利は呼び込めず、チームは5連敗となった。

第1試合では6回に元巨人のマイコラスから中前適時打。3試合ぶりの打点を挙げたが、サヨナラ負けを喫した。第2試合は2―7の9回無死一、二塁で空振り三振。2試合で7打数1安打1打点に終わった。第1試合ではトレードも噂された捕手のコントレラスが初回に先制15号ソロ。デービッド・ロス監督は「非常にいいパフォーマンスだった」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加