愛知県の観光団体、JR名古屋駅で「家康ゆかりの地」の情報提供、大河ドラマ「どうする家康」で観光誘客を促進

愛知県の観光団体、JR名古屋駅で「家康ゆかりの地」の情報提供、大河ドラマ「どうする家康」で観光誘客を促進

  • トラベルボイス
  • 更新日:2023/01/25

愛知県、県内市町、観光団体などで構成する愛知県大河ドラマ「どうする家康」観光推進協議会は2023年1月18日、JR名古屋駅中央コンコースイベントスペースに「家康ゆかりの地 インフォメーションセンター」を開設した。愛知県における徳川家康ゆかりの地や武将関連観光施設、交通アクセス、周遊キャンペーンなどの情報を提供。県外からの観光誘客の拡大と周遊観光の促進を図る。

スタッフが常駐して観光・アクセス情報を提供するほか、県内自治体などのパンフレットを配架、壁面装飾による「どうする家康 岡崎 大河ドラマ館」(岡崎市)や家康ゆかりの地の紹介、NHK名古屋放送局による大河ドラマ「どうする家康」出演者パネル、ポスター、番組PR動画放送モニターの設置などでロケ地めぐり気分を盛り上げる。

トラベルボイス編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加