3年ぶりに「七夕絵どうろうまつり」秋田・湯沢市

3年ぶりに「七夕絵どうろうまつり」秋田・湯沢市

  • 秋田テレビ ニュース
  • 更新日:2022/08/06

3年ぶりの開催となる秋田県湯沢市の夏の伝統行事「七夕絵どうろうまつり」が5日夜から始まった。

秋田県湯沢市の「七夕絵どうろうまつり」は約300年前、京都から嫁いだ姫がふるさとへの想いを五色の短冊につづり青竹に飾りつけたのが始まりと言われている。

会場の中心商店街には大小約100の絵どうろうが飾られ、日暮れとともに明かりが灯されると色とりどりの美人画が浮かび上がり、会場は幻想的な雰囲気に包まれる。

県内外からたくさんの観光客が訪れ情緒あふれる夏の伝統行事を楽しんでいた。
「七夕絵どうろうまつり」は7日まで開かれている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加