華原朋美 2度目の契約解除...トラブル続き、波乱の芸能史【年表】

華原朋美 2度目の契約解除...トラブル続き、波乱の芸能史【年表】

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/16
No image

華原朋美

歌手の華原朋美(46)が所属事務所・プロダクション尾木を先月31日付で退社していたことが14日、分かった。同社が報道各社に文書で専属契約の解除を発表した。所属レコード会社のユニバーサルミュージックとの契約も終了した。「本人からの申し入れもあり、双方合意の上、解約」したと説明。華原は薬物の過剰摂取などの問題で同社を07年に解雇されており、今回が2度目の契約解除となった。

〈華原の主なトラブル〉

◆98年12月 約5年間交際していた音楽プロデューサー・小室哲哉と破局。

◆99年1月 自宅で「料理中にガス中毒」になり緊急入院。“自殺未遂か”と騒動に。

◆99年5月 復帰会見するも、数日後に自宅マンションのロビーで倒れているところを発見され、病院に救急搬送される。

◆99年6月 御殿場の乗馬クラブで2度目の復帰会見。

◆00年 「100%の自分を取り戻す」と無期限の休養を宣言し、カナダで薬物依存克服のカウンセリングを受ける。

◆01年 カナダから帰国。その後も体調不良を理由に仕事キャンセルが多発。

◆07年1月 3度目の休養。

◆07年6月 復帰するも、仕事のキャンセルや薬物依存を理由に所属事務所が専属契約解除を発表。事実上の解雇。

◆09年1月 精神安定剤の大量摂取で都内の病院に搬送。

◆10年8月 深夜の新宿で意識がもうろうとしている姿を発見され病院に搬送。「1月まで6年間交際していた男性からDVを受けていた」と本紙に告白。

◆12年12月1日 所属事務所「プロダクション尾木」と再契約。12月5日に「FNS歌謡祭」に生出演し、07年以来、5年ぶりに芸能界復帰。代表曲「I’m proud」を熱唱し涙を見せた。

◆16年10月31日 レギュラー出演する日本テレビ系「PON!」出演をキャンセル。予定していたイベント出演も相次いで取りやめ、11月5日に「急性ストレス反応」と診断されたことを公表し、入院。12月5日に同番組で復帰。

◆19年8月下旬 45歳で第1子男児を出産。お相手は外資系企業に勤める一般人男性だが、未入籍でママに。

◆19年12月16日 都内のホテルで、恒例のクリスマスディナーショー。出産後、ファンの前に姿を見せるのは初めて。

◆20年2月9日 都内でイベントに登場。芸能界は「山あり谷あり…」「今は幸せいっぱいです!」と笑顔で語る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加