武藤嘉紀が乾貴士所属のエイバルに期限付き移籍

武藤嘉紀が乾貴士所属のエイバルに期限付き移籍

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/16
No image

武藤嘉紀(2019年1月16日撮影)

乾貴士が所属するスペイン1部リーグのエイバルが16日、FW武藤嘉紀(28)が期限付き移籍で入団することで、イングランド・プレミアリーグのニューカッスルと合意に達したことを正式発表した。クラブの公式サイトが同日伝えている。契約期間は今季終了までの1年間となっており、背番号は「12」をつける予定。

武藤は2年前の夏、マインツから移籍金1000万ユーロ(約12億5000万円)でニューカッスルに入団。しかし今季はスティーブ・ブルース監督の構想に入っておらず、12日に行われたプレミアリーグ開幕戦のウェストハム戦は招集外だった。

武藤はこの後、数日間個別トレーニングを実施し、来週よりグループ練習に合流する予定になっている。

エイバルは19日に久保建英が所属するビリャレアルと、スペイン1部リーグ第2節で対戦する。

(高橋智行通信員)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加