政府・日銀 24年ぶり“円買い”介入 一時140円台

政府・日銀 24年ぶり“円買い”介入 一時140円台

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/09/23
No image

動画を見る(元記事へ)

アメリカの中央銀行に当たるFRB(連邦準備制度理事会)が大幅な利上げを決定し、金融引き締めを進めるなか、22日に日銀は金融政策決定会合を開きました。

日銀・黒田東彦総裁:「当面、金利を引き上げることはないと言っていい。当面というのは、数カ月という話ではなく、2~3年の話というふうにお考えになってもいい」

大規模な緩和を継続するという発表に、日米の金利差の拡大を見込んで、円を売ってドルを買う動きが加速し、円相場は一時1ドル=146円台に迫る勢いとなりました。

ところが、午後5時を過ぎると、流れが大きく変わります。そのワケは…。

財務省・神田真人財務官:「政府として過度の変動を憂慮しており、先程、断固たる措置に踏み切ったところであります」「(Q.断固たる措置とは、為替介入でよいのか?)そうです」

急激に進む円安を是正するため、政府と日銀は、ドルを売って円を買う「為替介入」を行ったのです。

「円買い」の介入は、実におよそ24年ぶり。わずか30分程度で5円ほど円高へ進行し、一時140円台をつけました。

鈴木俊一財務大臣:「(Q.狙い通りの効果は上げられたか?)もちろん、今時点において、一定の効果は数字の上に表れていると理解している」

(「グッド!モーニング」2022年9月23日放送分より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加