後藤真希 37歳の誕生日に自身初のカバーライブツアー完走 「おばさんじゃなくいたい!」

後藤真希 37歳の誕生日に自身初のカバーライブツアー完走 「おばさんじゃなくいたい!」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

歌手の後藤真希(37)が23日、東京・恵比寿ガーデンホールで、自身初の“カバーライブ”ツアーの最終日を迎えた。

No image

バースデーケーキを前に、客席をバックにした集合写真を撮る後藤真希(左)とゲスト出演した藤本美貴

後藤真希ってどんな人?略歴、トリビアも!

今年6月から自身のYouTubeで公開しているカバー企画「歌ってみた」が話題で、その中でも好評だった曲を中心にセットリストを構成。東名阪の3会場5公演を完走したこの日は、37歳の誕生日。公演前には「37歳ですが、おばさんじゃなくいたい!」と満面の笑みを浮かべ、猫耳のようなキュートなヘアスタイルや、ミニスカート衣装で美脚を披露。「モーニング娘。」としてのデビュー曲「LOVEマシーン」も歌い、会場のボルテージは最高潮に。ひときわ大きな拍手を聞いた後藤は、充実の表情を浮かべていた。

13歳でデビューし、今年で23年。当初は金髪に細い眉毛、キレキレのダンスパフォーマンスで一躍注目を集めた。2002年にグループを卒業。14年に結婚し、現在は2児の母。アイドル時代と変わらぬ可愛らしさと、年齢を重ねたからこその色気を武器に、昨年11月には10年ぶりの写真集「ramus」を発売した。4度の重版を重ね、ロングラン大ヒットを記録中。今年8月にはAmazon Prime Videoで配信中の「ザ・マスクド・シンガー2」で優勝。美貌とスタイルのみならず、歌唱力にも再び注目が集まっている。

この日は昼夜2公演が行われ、夜公演には同じく元モーニング娘。の藤本美貴(37)が駆け付けた。昼のライブでは森高千里の「私がオバさんになっても」や、恩師であるつんく♂の曲であるシャ乱Q「ズルい女」など全15曲を歌唱。終盤には感極まって涙を流す場面も。「ここまで活動を続けて来た自分も凄いけど、支えてくれたファンの皆さんのおかげ。ありがとう!」と力強く語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加