AmazonPrimeVideoで配信中のヒーロードラマ『The Boys(ザ・ボーイズ)』が面白い! こんなひどいヒーローモノがあっていいのか!?

AmazonPrimeVideoで配信中のヒーロードラマ『The Boys(ザ・ボーイズ)』が面白い! こんなひどいヒーローモノがあっていいのか!?

  • ロケットニュース24
  • 更新日:2020/09/16
No image

人は誰でも圧倒的な強さに憧れを抱くものだ。マーベルの映画作品に代表されるような「スーパーヒーロー」がいたら、世の中は平和になるのかもしれない。だがもしも、超人的能力を持つヒーローがどうしようもない非道な人格の持ち主だったら……。

そのもしもを描いた作品が話題を呼んでいる。アマゾンプライムビデオで公開されているドラマ「ザ・ボーイズ(The Boys)」は腐敗し切ったヒーロー組織に、生身の人間たちが立ち向かう物語である。2020年9月4日からシーズン2がスタートしており、毎週金曜日の配信を心待ちにしている人も多いはず。この作品の魅力について紹介したいと思う。

・物語のはじまり

この作品のシーズン1(全8話)は、2019年7月にアマゾンプライムビデオで公開された。物語は1人の青年に降りかかった悲劇から始まる。主人公の1人、ヒューイ・キャンベルは電気屋で働くごく普通の青年だ。ある日、ヒューイが恋人ロビンと路上で立ち話をしていたところ、スーパーヒーローの1人「Aトレイン」がたまたま通りかかった。

ただ、高速移動能力を持つAトレインはその際に弾丸並みの超高速でロビンと接触。そしてその弾みで、ロビンをほぼ跡形もなく消し飛ばしてしまう。状況を飲み込めないヒューイがAトレインを見ると、一言詫びただけでその場を立ち去ってしまった。

のちにヒーローたちが所属する「ヴォート社」から謝罪と賠償の説明を受けるが、その内容はヒューイの納得のいくものではなかった。失意の彼の元に、1人の人物が現れる。FBI捜査官を名乗るビリー・ブッチャーだ。ブッチャーはヒーロー組織が腐敗していることをヒューイに明かし、共に復讐しようと提案する。そうして、ヒーロー対人間の戦いが始まっていく。

・ヒーローは非道なクズ

ブッチャーの元に集まった復讐チームが作品のタイトルにある「ザ・ボーイズ」だ。シーズン1が公開されるやいなや、ネット上で瞬く間に話題になった。というのも、近年公開されたヒーロー作品とはまったく異なるからだ。

近年公開されたヒーローモノといえば、アイアンマンやキャプテン・アメリカなどが活躍するマーベル作品と、スーパーマンやバッドマンが活躍するDC作品がある。いずれにも共通しているのは「勧善懲悪」だ。作品や物語の事情にもよるが基本的には「悪」を象徴する敵と「正義」を象徴するヒーローが戦い、正義が勝つ物語になっている。ヒーローによって性格の違いはあっても、最後は自己犠牲の精神で敵と刺し違えてでも倒す志を持っている。

ところがこの作品に出てくるヒーローたちは、自らの欲のために超人的能力を使い、時には助けるべき人達を見捨てることさえする、マジのクズ野郎たちなのである(全員ではない)。とくにスーパーマンとキャプテン・アメリカを足して2で割ったような「ホームランダー」の悪徳ぶりは見ていて “引く” レベルだ。

彼が高潔であろうとすればするほど、完全無欠な振る舞いをしようとすればするほど、その悪徳ぶりが際立ってくる。こう言っちゃなんだけど、清々しいほどのクズだ。

・復讐チームもクズ

では、復讐するザ・ボーイズは正義を貫いているのか? というと、こちらもそうではない。相手が人間離れしたバケモノ(ヒーロー)であるがゆえに、ザ・ボーイズもまたルールを外れた禁じ手を炸裂させまくる。

ぶっちゃけ、どっちにも正義らしきものが見当たらない、クズ対クズの戦いなのである。チームのリーダー、ブッチャーは特にその傾向が強く、一言でいうなら「邪道」。相手を倒すためなら手段を選ばず、仲間を危険に陥れることさえもいとわない、ホームランダーに負けず劣らずの悪漢だ。

・作品が問いかけるもの

クズとクズが血で血で洗う戦いを繰り広げる、ブラックコメディ満載のアクションドラマ。しかし、この作品が視聴者に問いかけるものはとても大きい。つまるところ、「正義とは何なのか?」「ヒーローが存在したら本当に平和なのか?」「超人的な能力は人を幸せにするのか?」、そのほかにも現在のアメリカが抱える問題を題材としても取り上げて鋭く描いている。正義ってなんだ? 本当にわからなくなってくる。

9月4日に始まったシーズン2はすでに4話目に差し掛かっており、10月9日まで毎週金曜日(午前9時配信)に最新話が更新される予定だ。今からでも十分に間に合うので、まだ見ていない人はシーズン1からチェックしてみて欲しい。なお、描写が結構過激なので、刺激の強いものが苦手という人は、トレーラー映像などで作品の感触を確認してから見ると良いだろう。

・ポップアップストア

ちなみに、東京・池袋サンシャインシティアルタの1階でザ・ボーイズのポップアップストアが展開されている。

No image

ヴィレッジヴァンガードで取り扱っているザ・ボーイズグッズを9月26日まで販売しているそうだ。作品のファンは足を運んでみてはいかがだろうか。お店に行けない人は、オンラインストアでも販売しているのでそちらをチェックしてみよう。

参照元:アマゾンプライムビデオ「ザ・ボーイズ」(シーズン1シーズン2)、ヴィレッジヴァンガードヴィレッジヴァンガードオンラインストア
執筆:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

▼ヴォート社のロゴが入ったロングTシャツ

No image

A post shared by Hidenori Satou(@hidenori_satou) on Sep 14, 2020 at 1:00am PDT
Sep 14, 2020 at 1:00am PDT
from Instagram

▼シーズン1予告編

▼シーズン2予告編

動画・画像が表示されていないときはこちらから

佐藤英典

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加