ソーラー電源のワイヤレスバックモニター 配線なしに簡単取り付け 昌騰が発売

ソーラー電源のワイヤレスバックモニター 配線なしに簡単取り付け 昌騰が発売

  • 財経新聞
  • 更新日:2021/11/25
No image

ソーラーバッテリーが内蔵されたワイヤレスバックモニター&カメラセット(画像:昌騰発表資料より)

カー・バイク用品を販売する昌騰は、ソーラーバッテリーで動作できる新たなバックカメラ&モニターを発売した。クルマのナンバープレートにカメラを差し込んで設置でき、取り付け後はすぐに使用できる。

【こちらも】夜間も鮮明に映す車載用暗視モニター発売 ソニー製チップ搭載 Y&Y STOR

バックカメラは、自動車メーカーで標準装備されるほか、オプションでも選べる車種が主流となってきたが、まだまだバックカメラ&モニターを装着していないクルマも多い。だが後付けで取り付けようとすると、個人での取り付けにはハードルが高く、専門の工場などに依頼すれば、車種により数万円の工賃が発生する場合もある。

今回新たに登場した「ワイヤレスバックカメラ・モニターユニット(WTK-A003)」は、そんな問題を解決する。ソーラー発電により内蔵されたバッテリーに充電して使用するシステムで、30分程度の充電により2~3カ月使用できるという。曇りや夜間のように太陽がなくとも、充電が完了していれば問題なく使用できる。またmicroUSBからの充電にも対応している。

ワイヤレスのため、通常の使用方法以外にも、アイディア次第で様々な場所を簡単に映し出せる。例えば、既存のバックカメラで映し出せないクルマの死角を、簡単な取り付けで確認できる。車外だけでなく、車内の荷物の様子が気になるときは、荷室に装着すれば到着まで荷物の様子を確認しながら運転できる。

クルマに取り付けなくとも、自宅ガレージに設置すれば、自分のクルマが壁などにどのくらい接近しているか、車外からの目線で確認ができる。正像と鏡像の切り替えが可能なため、バックカメラとしてだけでなく、フロントカメラとしても使用可能だ。フロント下部の死角になる部分の確認もできるだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加