坂口健太郎“結人”の家庭と、望美との対立に複雑な想いを抱く視聴者たち...「35歳の少女」7話

坂口健太郎“結人”の家庭と、望美との対立に複雑な想いを抱く視聴者たち...「35歳の少女」7話

  • シネマカフェ
  • 更新日:2020/11/22
No image

「35歳の少女」第7話 (C) NTV

もっと画像を見る
柴咲コウ主演、遊川和彦脚本の日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」の5話が11月21日放送。今回は坂口健太郎演じる結人の家庭環境と、柴咲さん演じる望美と結人の“対立”に多くの視聴者が複雑な想いを抱いた様子だ。

柴咲さんが25年の眠りから覚めた“35歳の少女”時岡望美を演じ、坂口健太郎が望美の初恋相手だった広瀬結人に、鈴木保奈美が望美の母・多恵に、橋本愛が望美の妹・愛美に、田中哲司が望美の父・今村進次に、富田靖子が進次の再婚相手・加奈に、竜星涼が加奈の連れ子・達也に、細田善彦が愛美の元カレ・相沢秀男に、大友花恋が相沢のフィアンセ・林田藤子に扮する本作。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
望美は結人と暮らすようになり、結人の家族に挨拶させてほしいと頼むが、結人は家族とは縁を切ったと話す。なかなか自分の理想に共鳴する学校が見つからない結人に対し、望美はバイト先が見つかり働きだすが、そこに多恵が現れ「あなたは焦っている。身も心も35歳になったから。結人君は望美の気持ちを受け止められなくなる」と告げる…。

結局、結人は家族に望美を紹介することに。結人の父親は寝たきりで介護を受ける状態で、望美を見るなり「お前の母親みたいな女じゃないだろうな」と言い出し、「妻に遺産は渡さない。結婚したことは間違いだった」と結人の母への怒りをぶちまける。その場にいた母親も言い返して怒鳴り合いが始まる…という展開に。

これまで触れられてこなかった結人の家族の問題が明かされると、SNSには「結人も家族の問題あるのか…」「結人くんの家族も…きついな…」などの反応が投稿されていく。

その後、結人は生活のため、望美のために、理想を捨て学校の方針に従って教師に戻ることにするのだが、結人に理想を叶えて欲しいと願う望美と意見が対立。望美は「これからは自分のためだけに生きていく」と部屋を出ていく…という展開に。

理想や正論だけでは生きていけないと語る結人と、自分の35歳という年齢に焦りを感じていた望美。2人の対立に「望美の気持ちも、結人の気持ちも、分かるから、複雑で重かった」「ついに結人の部屋も出てしまったかこれは成長ってことになるのかな」「望美が家族に言ったことも間違っちゃいないのだけど、結人が望美に言ったことも間違っちゃいない…難しいね…」など、両方の気持ちに共感して複雑な想いを抱く視聴者が続出している模様だ。

笠緒

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加