リモートワークをしている場所ランキングTOP3、3位仕事部屋や書斎、2位寝室や自室、1位は?

リモートワークをしている場所ランキングTOP3、3位仕事部屋や書斎、2位寝室や自室、1位は?

  • @DIME
  • 更新日:2021/04/07
No image

コロナ禍で突如始まったリモートワーク。通勤の手間が省け、場所を選ばず働けるようになったのはありがたいが、如何せん、どこを仕事場にしようか……。

こんなふうに、リモートワーク難民となった悩めるビジネスパーソンも多いのではないだろうか?

そんな「リモートワークをしている場所」に関する意識調査がこのほど、株式会社ビズヒッツにより、リモートワークの経験者500人を対象にして実施された。

リモートワークをしている場所1位は「リビング」! では、理想のワークスペースはどこ?

まず、リモートワーク経験者の男女500人に「自宅のどこでリモートワークをしているか」聞いたところ、回答者の半数以上にあたる264人が「リビング」と答えた。2位は「寝室・自室」で、ワンルームで生活・仕事をしている人も含む。

仕事専用の「仕事部屋・書斎」を使っている人も一定数いたが、リビングや寝室に比べると、かなり少ない結果に。ほとんどの人が「普段生活している空間」を、ワークスペースとして使っていることがわかる。

No image

続いて、リモートワークをきっかけに自宅にワークスペースを作ったか質問したところ、「作った」は24.6%と少数派だった。「以前からワークスペースがあった(15.4%)」と合わせても、きちんとしたワークスペースで仕事をしている人は4割にとどまっていることがわかった。

No image

次に、「あなたは現在のワークスペースに満足していますか?」と聞いたところ、「満足」が12.2%、「やや満足」が33.8%で、合わせて46.0%の人が「現在のワークスペースに満足している」という結果になった。「不満」「やや不満」を合わせた44.8%をわずかに上回った。

No image

また、仕事をしている場所別(上位3位)で満足度を比較すると、「仕事部屋・書斎」を使っている51人のうち44人が「満足」「やや満足」と答え、満足度は86.3%となった。寝室・自室やリビングで仕事している人たちと比べると、「仕事部屋・書斎」の満足度がいかに高いかが見て取れる。

No image

最後に、理想とするワークスペースについて聞くと、「仕事専用のスペースであること」が1位となった。回答者からは「ベッドなどのくつろぐグッズが置いていない、リモートワークだけのためのスペース(20代女性)」「1人暮らしの狭い住まいでも、仕事とプライベートのスペースがちゃんと分けられることが理想」などの声が寄せられた。

なお、2位は「静か/適度な雑音がある」、3位は「快適な椅子と机がある」、4位は「一人になれる」となった。

No image

■まとめ

リモートワークを経験した男女500人にアンケートを行ったところ、「リビング」「寝室・自室」などの生活スペースで仕事をしている人が多いとわかった。

さらに、現在のワークスペースへの満足度を調査したところ、「仕事専用のスペース」で仕事をしている人は、「ワークスペースが生活スペースと兼用」の人よりもかなり満足度が高いという結果に。

理想のワークスペースの条件でも「仕事専用のスペースであること」が1位になり、自宅内であっても、オンオフの区別をつけて働きたい人が多いことがうかがえる。

「自宅で仕事しているけど、家族が気になってイマイチ集中できない」という人は、仕事専用の個室や、パーテーションで仕切られた半個室風の仕事専用スペースを作るなどの工夫をしてみてはいかがだろうか。

<調査概要>
調査対象:リモートワークの経験がある全国の男女
調査日:2021年2月13日~14日
調査方法:インターネットによる任意回答
調査人数:500人(女性301人/男性199人)

出典元:株式会社ビズヒッツ
https://bizhits.co.jp/

構成/こじへい

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加