ベイルは来季もレアルからトッテナムへ再レンタル? 優先権の合意が存在と英紙

ベイルは来季もレアルからトッテナムへ再レンタル? 優先権の合意が存在と英紙

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/05/04
No image

【写真:Getty Images】

レアル・マドリードから今季トッテナムへレンタルされているウェールズ代表FWガレス・ベイルは、来季も引き続きスパーズでプレーすることになるかもしれない。再度のレンタルに向けたオプションの合意が存在すると英メディアが伝えている。

マドリーで構想外とされていたベイルは昨夏に古巣であるトッテナムにレンタルの形で加入。シーズン前半は負傷による離脱もありなかなか調子が上がらなかったが、後半戦に入って活躍を見せる試合も増え、2日に行われたシェフィールド・ユナイテッド戦ではハットトリックを達成した。

来季以降の去就は不確定だが、英紙『デイリー・メール』が3日付で伝えたところによれば、マドリーとトッテナムとの間では来季の再レンタルに向けた優先権の合意が交わされていることが明らかになったという。ベイル本人の合意があれば、トッテナムは今季と同じ条件で再び同選手をレンタルすることが可能とみられている。

トッテナムは現在ベイルの給与負担として週給24万ポンド、年間約1200万ポンド(約18億円)を支払っているとのこと。だがベイルの代役となる新たな選手を獲得するとすればそれ以上の移籍金が必要になることが見込まれ、ベイルの再レンタルを選ぶのではないかと予想されている。

ジョゼ・モウリーニョ前監督を解任し、ライアン・メイソン氏が暫定監督として指揮を執るトッテナムは、来季には新たな監督を任命して再起を図る見通し。その新チームには再びベイルの姿があるのだろうか。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加