JFE東日本 日本ハムドラ6今川、無念の無安打で涙の終戦 プロでの精進誓う

JFE東日本 日本ハムドラ6今川、無念の無安打で涙の終戦 プロでの精進誓う

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

◇都市対抗野球第1日 JFE東日本1―3三菱自動車倉敷オーシャンズ(2020年11月22日 東京D)

No image

<JFE東日本・三菱自動車倉敷オーシャンズ>無安打に終わりまさかの初戦敗退を喫した日本ハム6位指名のJFE東日本・今川は目頭をおさえる(撮影・村上 大輔)

日本ハムからドラフト6位で指名されたJFE東日本・今川優馬外野手は「5番・左翼」で先発も、4打数無安打。連覇は果たせなかった。

試合後、涙を流した今川は「僕の守備のミスで3点入ってしまったので…」とがっくり。コロナ禍で日本選手権は中止となり、都市対抗は推薦出場のため今年初の公式戦が都市対抗開幕戦。難しさは計り知れなかった。

それでも試合中、持ち前の笑顔は絶えることなく「すごく高ぶるものがあった。楽しみながら打席に立つことができた」。

今年は公式戦わずか1試合となったが「お世話になったチームやチームメートのために、プロで活躍して今川を出して良かったと思ってもらえるように精進したい」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加