後半がキックオフされました...ね?後半開始もスパイクの靴紐を結ぶ“超マイペース”ネイマールに実況・解説・視聴者困惑

後半がキックオフされました...ね?後半開始もスパイクの靴紐を結ぶ“超マイペース”ネイマールに実況・解説・視聴者困惑

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/11/25
No image

【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループG】ブラジル2-0セルビア(日本時間11月25日/ルサイル スタジアム)

独特のリズムを持つドリブラーは性格もマイペースだった。ハーフタイム明け、ブラジルのスターはゆっくりと最後にピッチイン。後半開始の笛が吹かれても気にすることもなく靴紐を結ぶ姿に誰もが唖然とした。

【映像】試合が始まっても慌てない“マイペース”ネイマール

その珍プレーは、後半開始直後に起こった。悠々とユニフォームを着ながらピッチインしたネイマールは、試合が始まったあとも10秒以上も靴紐を結び続けた。これに対してセルビアは困惑したのか、スポーツマンシップに則ったのか、後方でパスを回し続けという前代未聞のシーンとなった。

これを受けてABEMA視聴者は「ちょ、ネイマール、今結ぶなw」「あらすぐ始まった」「マイペースやな」「時間も守れねーのか」などと、ネイマールのマイペースさに言及するコメントが多く書き込まれた。

ABEMA実況者・清水俊輔氏も「後半がキックオフされました…ね?まだスパイクのひもを締めていますが、後半は始まっています」とやや困惑気味に語った。

なおこれだけで終わればネイマールがマイペースだったという話で終わるのだが、エースの準備が整うやいなや、ブラジル代表の選手たちはハイプレスを敢行。セルビアボックス内でボール奪取に成功して、後半開始早々に決定機を演出していた。
(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加