「明日も勝ちます!」DeNA・牧秀悟の決勝打でチームは“4連勝”!三浦監督への100勝目プレゼントに「嬉しいです」

「明日も勝ちます!」DeNA・牧秀悟の決勝打でチームは“4連勝”!三浦監督への100勝目プレゼントに「嬉しいです」

  • THE DIGEST
  • 更新日:2022/08/06
No image

三浦監督に監督通算100勝目のギフトを贈った。

8月6日、DeNAの牧秀悟は、敵地バンテリンドームで行なわれた中日戦に「4番・セカンド」で先発出場。9回に決勝タイムリーを放ち、チームを4連勝に導いた。

【動画】「これが4番の仕事!!」三浦監督に100勝目をプレゼント!牧が放った決勝打をチェック

投手戦が続いた。試合が動いたのは0対0で迎えた9回2死一、三塁の場面だった。相手守護神のR.マルティネスと対峙した牧は、カウント1-2からの4球目を弾き返し、ライトへの適時二塁打を放つ。先制点を挙げた牧はベンチに向かってガッツポーズ。その裏を、山﨑康晃が守り切って、DeNAは1対0で勝利を収めた。

試合を配信したDAZNの公式ツイッターは、「これが4番の仕事!!均衡破ったのはベイスターズ 牧秀悟がタイムリー」と綴り、R.マルティネスから放った牧の決定打をピックアップ。この映像をチェックしたファンからは、「勝負強い!」「神奈川の神」「お見事」「なぜ神は牧なのか、、、」などとコメントが寄せられている。

試合後のインタビューで、どんな気持ちで打席に入ったか聞かれると牧は、「ピッチャーがすごい頑張ってくれましたし、関根さんも(死球で)体を張って出塁してくれたので、なんとか点取りたいなという気持ちで打席に立ちました」と明かすと、続けて「チーム全体が勝ちに向かっているなかで、ああいう風に打てたので良かったです」と振り返った。

さらに、三浦監督への100勝目プレゼントについて「嬉しいです」とコメント。今後に向けて「上に行くことだけを考えて、明日も勝ちます!」と意気込んだ。

構成●THE DIGEST編集部

【前半戦通信簿|DeNA】ブルペンの頑張りもあって借金3で前半戦折り返し。大砲オースティンの復帰に期待も密かな不安要素が<SLUGGER>

【関連記事】「嘘だろ…」村上宗隆、5打席連続アーチ!日本新記録に驚きの声「もうこの男は手が付けらない」

【関連記事】西武助っ人・オグレディ、「日本一の投手は?」「日本に来て一番驚いたことは?」の問いにSNSでなんと答えた?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加