「もう、グッタリ...」育児の壁にぶつかったら、一年前や一年後を想像すると「今を大切にできる」という話

「もう、グッタリ...」育児の壁にぶつかったら、一年前や一年後を想像すると「今を大切にできる」という話

  • CHANTO WEB
  • 更新日:2022/06/24

子どもを育てるのは、毎日必死です。今回紹介するのは、5歳になったばかりの双子ママ・きのきのさん(@KinokinoTwins)のTwitterでの投稿。双子ということで、必死さも2倍。いつも「早く大きくなって!」とばかり思っていました。その様子が育児のあるあるだよね!と話題に。

【画像】「もう、グッタリ…」育児の壁にぶつかったら、一年前や一年後を想像すると「今を大切にできる」という話(写真10枚)

ない物ねだりとは、わかってはいても…

赤ちゃんの頃はママ友もおらず、ほぼワンオペだったというきのきのさん。話す相手がいない…。「ああ、早くお話しするようにならないかなぁ…!」と、切に願っていたそう。

少し大きくなりお話しできるようになっても、モニャモニャと何を言っているかわからない…。「ああ、早くコミュニケーションが取れるようにならないかなぁ…!」

そんな双子たちも5歳になり、たくさんおしゃべりするように。しかし「ああ、早くこうならないかなぁ…」は止まりません。

きのきのさんは、こう語ります。

「締め切った車の中で、双子たちが大騒ぎ。静かだった赤ちゃんの頃に戻れたらと、不覚にも思ってしまいました。あの頃は大変すぎたので戻るなら1時間くらいで十分ですが、あのモニャモニャした、もう戻らない時期を、もう少し楽しめばよかったのかもしれません」

No image

これには「さらに成長すると5歳の今ですら懐かしく思いますよ」とのコメントが。

「そうなんですよね、無い物ねだりとわかってはいるんです。でも大変だと、もっと大きくならないかなあ、と思ってしまったり。育児って、これの繰り返しなんでしょうね」

1万いいねを獲得!あーくんの爆発語彙力

また、1万いいねを獲得し、過去イチ反響があったというのが、ひょうきん者の息子あーくんのエピソード。4歳を目前に、日に日におしゃべりが上手になってきていた、そんな朝のことです。

あーくんは、大好きなパンを目の前に大興奮。

No image

「ごはん食べる〜!ほあー!!パンだねぇ!今日は今日はパンだねぇ!あったまごパンだねぇ!」

「あーくん、あーくん、たまごパン大好きなんだけどねぇこのたまごパンが大好きなんだよ〜ははっ」

「まんまるのねぇたまごパンが〜あ〜ふはっ食べるんだけどあーくん食べたいんだでもあっいただきますしてからいただきます」

…と、思いのたけをママに伝えようと、持ち合わせているすべての語彙力を使い、その感動をめいっぱい伝え…。

ひと口ぱくっと食べたあとに「あじがおいしい!!!!」と。

「パン食べるだけなのに、めっちゃ喋るやん!と思って。こちらが相槌を打つ間もなく、一人でパーッとしゃべっていくのがおもしろくて。もっている語彙力で必須に伝えてくる様子がかわいくて。たった一年前なのに、今とは全然違います。やっぱり、そのときのかわいさを大切に楽しまなくてはですね」

毎日必死の育児ですが、振り返ると全部いい思い出。かわいいときはもちろん、キィーッ!っとなるときも、一年前や一年後を想像してみましょう。そうすると「今を楽しまなきゃ」という気持ちに切り替えられるかもしれません。

取材・文/松崎愛香

関連記事:

【漫画本編】「もう、グッタリ…」育児の壁にぶつかったら、一年前や一年後を想像すると「今を大切にできる」という話

【漫画あり】「騙そうとしたのに…」子どもの思いがけない優しさに心が浄化された「泣ける!!」

【漫画あり】「おかあしゃん、ごめんね」親子の感動エピソードかと思いきや…急転直下の展開「うちのことかと思った!」

松崎愛香

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加