オリックス・山岡が現状維持で大トリ更改「日本一はいい経験。今年もあの場所で投げたい」

オリックス・山岡が現状維持で大トリ更改「日本一はいい経験。今年もあの場所で投げたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2023/01/26

オリックス・山岡泰輔投手(27)が大阪・舞洲の球団施設で契約交渉に臨み、現状維持の推定年俸7200万円でサインした。

No image

契約更改を終え笑顔で会見するオリックス・山岡(撮影・後藤 正志)

昨年12月に公示された契約保留選手名簿(支配下)に記載された12球団の日本人選手では大トリ。契約交渉を代理人に任せ、広島で自主トレを行っていたため、3年連続で1月下旬の更改となった。現状維持でのサインに「来年も頑張れるような契約をしていただきました」と話した。

昨季は新型コロナウイルス感染による離脱もあり、規定投球回の到達はならなかったが、先発で6勝を挙げ、防御率2・60と力を示し、リーグ2連覇に貢献した。

会見では交渉の席で、遠征先でのトレーニングについて「ホテル以外ではできないとなっているので、もう少し場所がほしいというのを伝えさせていただいた」と球団に要望したことも明かした。

リーグ3連覇、日本一連覇がかかる今季へ向け「日本一になって、すごくいい経験をさせてもらった。やっぱり今年もあの場所で投げたいという気持ちがすごいある。あそこを目指してやっていけたらいいかなと思います」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加