「事実は違うところがある」と一部否認 児童クラブ元支援員の男 強制わいせつ容疑で逮捕【岡山・倉敷市】

「事実は違うところがある」と一部否認 児童クラブ元支援員の男 強制わいせつ容疑で逮捕【岡山・倉敷市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2021/06/10
No image

岡山放送

倉敷市の児童クラブで、小学校低学年の女子児童にわいせつな行為をしたとして、29歳の元支援員の男が強制わいせつの疑いで、6月10日、逮捕されました。男は、容疑を一部否認しています。

逮捕されたのは、倉敷市福田町福田に住む児童クラブの元支援員、田中尋之容疑者(29)です。

警察の調べによりますと田中容疑者は、2020年4月から2021年2月までの間に、当時、支援員として働いていた倉敷市内の児童クラブで、小学校低学年の女子児童の手をつかんで、自分の下腹部を触らせた疑いです。

女子児童の保護者が警察に相談し、犯行が発覚しました。

警察の取り調べに対し田中容疑者は、「わいせつなことはしたが、事実は違うところがある」と容疑を一部否認しているということです。

警察が犯行の動機や余罪などを調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加