佐々木朗希、無傷の4連勝 苦手球場で見つけた答えは「変化球」

佐々木朗希、無傷の4連勝 苦手球場で見つけた答えは「変化球」

  • 毎日新聞
  • 更新日:2022/05/13
No image

【オリックス-ロッテ】ロッテの先発・佐々木朗=京セラドーム大阪で2022年5月13日、中川祐一撮影

○ロッテ4―1オリックス●(13日・京セラドーム)

【記者の目】 佐々木投手、正解見えぬ道まっしぐら

優れているのは豪速球だけにあらず。ロッテの先発・佐々木朗が新たな才を披露した。相手の狙いを逆手に取る知力だ。前回登板で5回2失点と苦しんだはずの京セラドーム大阪、そしてオリックス打線に柔軟に対応し、7回1失点で無傷の4勝目を挙げた。

「相性が良くない」と苦手意識のあった京セラのマウンドで、前回は早いカウントから直球に狙いを絞られて苦しんだ。だから考えた。「変に抑え込もうとしない」「変にかわそうとしない」。双方を満たす答えは、ストライクゾーンで勝負する変化球だった。

六回2死二、三塁のピンチでバレラを迎えた場面では2球連続のフォークで見逃しストライクを奪い、あっさりと追い込むことに成功。ボール球を挟んで、最後は低めのフォークで空振り三振に切って取った。

オリックスは前回の対戦に続き、今回もファーストストライクから直球を中心に狙ってきた。ところが、本調子ではないことを自覚していた佐々木朗は「直球が打たれていたのでうまく利用しよう」と達観。たとえ、安打を許してもギアを上げて、攻め方を変えれば良いだけだ。そこでうまく使ったのがフォークであり、スライダーであり、カーブである。

19三振を奪っての完全試合を達成し、一躍スターとなった佐々木朗。その偉業の原動力となった豪速球の残像は見る者、対戦相手の脳裏から消えることはない。オリックスもそこを意識した戦術を立てている。だが、悲しいかな、20歳右腕の投球術はその上をいった。【岸本悠】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加