【ご当地土産セレクション】山形土産の「からからせんべい」と「ラ・フランスロール」

【ご当地土産セレクション】山形土産の「からからせんべい」と「ラ・フランスロール」

  • トラベル Watch
  • 更新日:2022/11/25
No image

山形土産の定番「からからせんべい」

このコロナ禍でキャンプを楽しむ人が増えましたが、東北の山形県では「芋煮会」というスタイルの“アウトドア飯”が古くからの風習にあります。春は桜を見ながら芋煮、夏はBBQと一緒に芋煮、そして根菜類がもっとも美味しくなる秋冬には、県内の至るところで芋煮合戦が繰り広げられます。これからの季節、蔵王温泉スキーや樹氷鑑賞などで訪れるなら、芋煮で身体を温めるのもお勧めですよ。そんな自然体験とユニークな県民性が魅力の山形より、2つのお土産をご紹介します。

宇佐美煎餅店「からからせんべい」

からからせんべいとは、山形県庄内地方に江戸時代から伝わる郷土菓子。三角形のせんべいのなかにはなんと、民芸品の小さな玩具が入っています。鞠や小槌、かざぐるま、折鶴、天童市名産の将棋駒など種類もさまざまで、何が出てくるかは割って開けてからのお楽しみ。

昭和24年創業の宇佐美煎餅店が作る「まるやま からからせんべい」は、沖縄県産与那国島産の特等黒糖をたっぷり使った風味豊かな味としっかりしたコクが特徴。商品名にある“まるやま”とは昔の呼び名で、焼きたての丸いせんべいを固まる前に三方から折り、山のような形にしたことが由来ともいわれています。

着色料や香料は一切使用せず、「昔から変わらない日本の伝統を後世に伝えたい」という想いで長年受け継がれてきた味。1つ1つ手包みされた玩具が出てくるこのワクワク感には、子供はもちろん大人もつい童心に返ってしまいそうです。

No image

もともとは縁起物などを封入し、正月に鶴が岡の城下町で売られたのがはじまり。中身の玩具は150種類以上あるそうですが、今回は「えびすさま」が出てきました

No image

こちらは6個装入り。鶴岡市の特産だだちゃ豆を生地に練りこんだ「開運おみくじ入り」なども

No image

黒糖の風味が感じられる昔ながらの美味しさ。玩具は和紙に包まれた状態で入っています

まるやま からからせんべい

内容量: 6個装入り
価格: 1080円
賞味期限: 製造から8か月間
販売場所: エスパル山形(駅ビル)、山形空港、道の駅たかはた、観光物産会館ぐっと山形など

菓詩の森 メゾン・ド・ボワ「ラ・フランスロール」

山形県が誇る特産物の1つに「ラ・フランス」があります。全国生産量の約8割を同県が占めており、その完熟した果肉の甘さと華やかな香りは一級品。今年は10月25日に解禁日を迎え、今県内から全国へと一斉に出荷が進んでいます。

ラ・フランスロールは、そんな旬のラ・フランスを贅沢に使用したロールケーキ。県内でも特にフルーツの生産が盛んな寒河江市に本店を置く老舗パティスリー「菓詩の森 メゾン・ド・ボワ(旧ラフィーユかげつ)」が手掛ける人気商品で、地元の道の駅やSにて冷凍販売されています。1切れからお持ち帰りでき、地元民のみならず遠方からわざわざ買いに訪れるファンも多いそう。ごろごろ入った果肉は濃厚でなめらかな食感。そこにフレッシュな国産生クリームをまとい、上品な味わいを堪能できます。

また本店では季節のフルーツを使ったケーキや洋菓子を味わえるほか、「慈恩最中」「福くるみ」などの看板和菓子を豊富に取りそろえています。

No image

寒河江産ラ・フランスがごろごろ入った「ラ・フランスロール」。フルーツ生産のメッカで創業100年近くもお菓子を作ってきた老舗ならではの逸品

No image

大ぶりにカットされたラ・フランスがたっぷり。上品な甘さの生クリームとスポンジ生地も美味

No image

生や冷凍での持ち帰りが難しい場合は、果汁100%ジュース(160円~300円)などをお土産に!

ラ・フランスロール

内容量: 1切れ
価格: 265円
賞味期限: 解凍後は冷蔵で2日間
販売場所: 寒河江SA、道の駅 寒河江チェリーランド

編集部:白江ちなみ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加