オリックス 3年目・太田が大仕事!勝ち越し三塁打「打った感触よかった」

オリックス 3年目・太田が大仕事!勝ち越し三塁打「打った感触よかった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/25
No image

7回、勝ち越し打を放つ太田(撮影・棚橋慶太)

「日本シリーズ・第5戦、ヤクルト-オリックス」(25日、東京ドーム)

同点の七回、オリックスは先頭の紅林が左前打で出塁。伏見が犠打の1死二塁から太田は3番手・石山の1ストライクからのスライダーを捉え右中間を破る適時三塁打でこの試合初めて勝ち越した。

「打ったのはスライダーです。このシリーズで初めての出場でしたし、しっかりとランナーをかえすこと、後ろにつなぐことを考えて打席に入っていました。打った感触もよかったですし、打球が抜けてくれてうれしかったです!」

太田は安達に代わって今シリーズ初のスタメン出場。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加