「相棒」胸アツのメモリアル特報が今夜公開! 公式Instagramでは“こっそり投稿”も!?

「相棒」胸アツのメモリアル特報が今夜公開! 公式Instagramでは“こっそり投稿”も!?

  • TVガイド
  • 更新日:2021/09/16
No image

テレビ朝日系で10月からスタートする「相棒season20」(水曜午後9:00、開始日未定)の放送に先駆けて、シリーズの名場面を詰め込んだ「メモリアル特報」が公開されることが分かった。

2000年に「土曜ワイド劇場」の1作として誕生して以来、数々の伝説を打ち立て、国民的ドラマとしての地位を揺るぎないものにした「相棒」。season14以来、7シーズン目に突入する水谷豊と反町隆史が演じる杉下右京&冠城亘のコンビが、season20でこれまでの歴史を胸に、“新たな扉”を開く。

新シーズンでも長年シリーズを彩ってきた名キャラクターたちは健在。権力復活のチャンスを虎視眈々(こしたんたん)とうかがう警察庁長官官房付の甲斐峯秋(石坂浩二)、右京の頭脳を認めながらも2人を疎む警視庁副総監・衣笠藤治(杉本哲太)、亘の元上司で“鉄の女”の異名を持つ警視庁広報課長・社美彌子(仲間由紀恵)など、右京&亘2人だけの特命係存続の鍵を握る上層部の面々が、またしても暗躍。そして、もはや「相棒」ワールドになくてはならない存在である警視庁捜査一課の“両エース”こと、伊丹憲一(川原和久)と芹沢慶二(山中崇史)、「暇か?」でおなじみの組織犯罪対策5課・角田六郎課長(山西惇)、サイバーセキュリティ対策本部の青木年男(浅利陽介)もドラマに絶妙なスパイスを加える。昨シーズンで新風をもたらした2人の女性、小料理屋「こてまり」の女将(おかみ)・小出茉梨(森口瑤子)、捜査一課の新人刑事・出雲麗音(篠原ゆき子)が今シーズンもそれぞれの存在感を発揮していく。

No image

「メモリアル特報」では、歴代の相棒たちをはじめとした“出会いと別れ”が貴重な映像の数々でつづられており、20年の激動の歴史を振り返りながら、最新映像も盛り込まれている。「相棒」ファンにとっては胸が熱くなること間違いなしのスペシャル映像だ。

No image
No image
No image

その30秒バージョンを今夜9月15日、「刑事7人」(水曜午後9:00)の最終回放送終了直後・午後10:04に初公開される。さらに、60秒のフルバージョンは「WEB限定特別版」として、30秒バージョンオンエアと同時に、番組公式サイト(https://www.tv-asahi.co.jp/aibou)、公式Twitter(https://twitter.com/aibouNow)、公式Facebook(https://www.facebook.com/AibouNow)で公開される。

No image

また、season20から新たに待望の公式Instagram(https://www.instagram.com/aibougram_official/)がスタート。ここでしか見られない、おなじみのキャラクターたちの貴重な姿をぜひチェックしたい。

アカウントのプロフィールには「特命係と関係者の“本性”をさらす裏アカ スマホの写真やSNSを覗き見て、気になるモノをチョキチョキ切り貼り!! 僕がまとめて裏の顔を暴いてやる!!」とあり、どうやら「相棒」のキャラクターの誰かが投稿している模様。杉下(水谷)と冠城(反町)の特命係を遠目から撮影したショットには「いよいよ動き出したか。映え無視でバンバンさらしてやるから、覚悟しとけよ!!」と、投稿主のねじ曲がった性格が読み取れるようなメッセージが添えられている。

また、その言葉通り、中にはどうやら冠城のような口ぶりの投稿があったり、参事官・中園照生(小野了)の心の声のような言葉がつづられていたりと、どうやら管理者本人だけでなく、ほかの人物たちの個人的な“こっそり投稿”もさらしていく様相だ。“裏アカ”といえば、season19・第9話で、サイバーセキュリティ対策本部の青木が「僕の裏アカは絶対に特定不可能ですし!」と豪語していたが、この「相棒」公式Instagramは、果たして青木の裏アカウントなのか?

「season20」第1話スペシャル「復活」は、IT長者・加西周明(石丸幹二)の殺害容疑で逮捕送検され、判決確定までの間、東京拘置所に拘禁されていた元内閣情報調査室職員・柾庸子(遠山景織子)の接見が突然禁止に。不審に思った特命係の杉下と冠城が事態を探り始めた直後、内閣官房長官・鶴田が突如「こてまり」に姿を現す。官房長官自らのお出ましにギョッとする2人に、鶴田は驚がくの事実を告げる。なんと、庸子が拘置所内で自殺したというのだ。

冷徹で残忍な鶴田による“口封じ”を疑った特命係は、庸子の死の真相を突き止めるべく捜査を開始。同じく彼女の死に疑問を感じた元弁護士・中郷都々子(織田梨沙)も独自に動き始めるが、やがて事件には想像以上に複雑な思惑と陰謀が絡み合っていることが発覚。ついには、冠城が逮捕される事態に。いきなり窮地に追い込まれた特命係は、どうやって真実を突き止めるのか。そして、出雲狙撃事件からはじまる、一連の事件の真相を暴くことはできるのか?

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加