「2021年の世界の富豪」、IPOで生まれた新ビリオネア10人

「2021年の世界の富豪」、IPOで生まれた新ビリオネア10人

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2021/05/02
No image

SPAC(特別買収目的会社)を使った上場がブームだが、今年ビリオネアになった起業家の中には、伝統的なIPOで富を築いたケースの方が多い。

昨年3月にフォーブスが2020年のビリオネアリストを完成させたとき、株式市場は新型コロナウイルスの大打撃を受けていた。S&P 500は2月19日の最高値から29%下落し、エアビーアンドビーやワーナーミュージック・グループは、2020年に予定していたIPOを延期した。

しかし、2020年の後半から株式市場は力強くリバウンドし、2021年に入っても株高は継続している。この結果、新たに493人のビリオネアが誕生した。このうち、10名はSPAC上場で富を築いたが、少なくとも60名は伝統的なIPOでビリオネアとなった。

この1年のIPO件数は、世界で1489件あり、調達額は3140億ドルに達する。前年のIPOは1239件で、調達額は2340億ドルだった。今年IPOを果たした注目企業の中には、12月にニューヨーク証券取引所に上場したフードデリバリー企業のドアダッシュが含まれる。

ドアダッシュのIPOで、共同創業者でCEOのトニー・シューと共同創業者のアンディ・ファンとスタンリー・タンはビリオネアとなった。他にも、女性優先の出会い系アプリを運営するバンブル(Bumble)が2月にナスダック市場に上場し、共同創業者兼CEOである31歳のホイットニー・ウォルフ・ハードは、世界最年少のセルフメイド(叩き上げ)の女性ビリオネアとなった。

フォーブスが今年4月に発表した世界の富豪ランキングに入ったビリオネアの中で、伝統的なIPOで富を築いた起業家たちを下記に紹介する(資産額は、2021年3月5日時点の推計金額)。

1. Pan Dong
資産額:83億ドル
国籍:カナダ
企業名・分野:Blue Moon Group Holdings(消費財)
Dongは、今年新たにビリオネアとなった女性の中で最も資産額が大きい。彼女は、夫のLuo Quipingが設立した洗濯洗剤メーカー「Blue Moon Group Holdings」のCEOを務めている。昨年12月に香港証券取引所に上場した同社は、液体洗濯洗剤と液体石鹸の販売で中国最大手となっている。

2. Vyacheslav Kim
資産額:33億ドル
国籍:カザフスタン
企業名・分野:Kaspi(フィンテック)
Vyacheslav Kimはカザフスタン最大のフィンテック企業で決済サービスを手がける「Kaspi」 の会長を務めている。彼は、小さなリテールバンクだったKaspiを、決済やEコマース、モバイルバンキングを提供するアプリに進化させ、ロンドン証券取引所に上場させた。カザフスタンでは、全人口1800万人の半数がKaspiを利用している。同社の共同創業者のMikhail Lomtadzeも保有資産32億ドルで、ビリオネアの仲間入りを果たした。

3.Pablo Legorreta
資産額:29億ドル
国籍:米国
企業名・分野:Royalty Pharma(投資)
投資銀行出身のLegorretaは、1996年にプライベートエクイティファンド「Royalty Pharma」を設立し、同社のチーフ・エグゼクティブを務めている。同社は、医薬品に投資してロイヤリティを得ている。Royalty Pharmaは、昨年6月にナスダック市場に上場し、22億ドルを調達した。

4. Matt Moulding
資産額:29億ドル
国籍:英国
企業名・分野:The Hut Group (Eコマース)
Mouldingが設立したEコマース企業「The Hut Group」は、設立から17年が経った昨年9月にロンドン証券取引所に上場した。Mouldingは株式の33%を保有しており、さらに取締役会の承認のもと、10億ドル相当の同社株式をボーナスとして受け取った。The Hut Groupは、169ヶ国で100以上のEコマースサイトを運営し、スキンケア商品からファッションブランドまで幅広い商品を取り扱っている。

5. トニー・シュー
資産額:28億ドル
国籍:米国
企業名・分野:ドアダッシュ(フードデリバリー)
シューは、昨年12月にニューヨーク証券取引所に上場したフードデリバリー企業「ドアダッシュ」の共同創業者兼CEOだ。同社は、米国、カナダ、オーストラリアの39万軒のレストランと提携し、料理の宅配サービスを提供している。共同創業者のアンディ・ファンとスタンリー・タンもビリオネアとなった。ドアダッシュは世界規模のロックダウンを追い風に事業を急成長させ、2020年の売上高は、前年実績の3倍となる29億ドルを記録した。

6. ジャレッド・アイザックマン
資産額:23億ドル
国籍:米国
企業名・分野:Shift4 Payments(決済処理)
アイザックマンは、19歳のときに実家の地下室で決済処理会社「Shift4 Payments」を立ち上げ、約20年後にニューヨーク証券取引所に上場を果たした。同社は、2020年6月に上場し、3億4500万ドルを調達した。アイザックマンの趣味は、旧ソ連製のMiG-29をはじめとする戦闘機を操縦することだ。彼は昨年10月に行われたフォーブスのインタビューで、「戦闘機に乗ることは、ストレスを発散させるセラピーだ」と述べていた。

7. パン・シヒョク
資産額:23億ドル
国籍:韓国
企業名・分野:Big Hit Entertainment(エンターテインメント)
パンは、大人気のK-popバンドであるBTSが所属する音楽レーベルと芸能プロダクションの「Big Hit Entertainment」を創業した。同社は、昨年10月に韓国取引所に上場した。IPOの2ヶ月前には、「21世紀のビートルズ」と称されるBTSの楽曲「Dynamite」がBillboard Hot 100で1位を獲得し、韓国のバンドとして初の快挙を成し遂げた。

8. Gong Yingying
資産額:21億ドル
国籍:中国
企業名・分野:Yidu Tech(ヘルスケア)
Gongは、ヘルスケア分析企業「Yidu Tech」の創業者兼CEOだ。同社は、1月に香港証券取引所に上場した。Gongは、Yidu Techの株式の43%を保有している。同社は、AIを使って健康の記録を分析し、病院や製薬会社、バイオテック企業、医療機器メーカーなどを顧客に持つ。

9. ホイットニー・ウルフ・ハード
資産額:13億ドル
国籍:米国
企業名・分野:Bumble(出会い系アプリ)
ウォルフ・ハードは、2014年に出会い系サイト「Badoo」の創業者であるロシア人ビリオネアのAndrey Andreevとともに「Bumble」をローンチした。フォーブスは、2019年にBadooのロンドン事務所の劣悪な労働環境を記事化し、その4ヶ月後にAndreevは持ち株の大半を投資ファンド運用会社のブラックストーンに売却した。

10. David Helgason
資産額:10億ドル
国籍:アイスランド
企業名・分野:Unity Software(ソフトウェア)
Helgasonは、2004年にデンマークでゲームソフト開発会社「Unity Software」を設立した。同社のゲーム開発エンジンは、「ポケモンGO」や「Among Us」「オーバークック」などの人気タイトルに用いられている。Helgasonは、2014年までCEOを務め、現在も取締役を務めている。同社は、昨年9月にニューヨーク証券取引所に上場した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加