照ノ富士の口上注目 新横綱誕生17年稀勢の里以来、モンゴル出身5人目

照ノ富士の口上注目 新横綱誕生17年稀勢の里以来、モンゴル出身5人目

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/20
No image

照ノ富士(左)に張り手を浴びせる白鵬(2021年7月18日撮影)

大関照ノ富士(29=伊勢ケ浜)の横綱昇進が21日に正式決定する。午前9時から東京・両国国技館で行われる臨時理事会と秋場所番付編成会議で承認されれば、東京・江東区の伊勢ケ浜部屋で協会から派遣される使者を迎える運び。伝達式で述べる口上が注目される。

新横綱の誕生は17年初場所後の稀勢の里以来で、モンゴル出身では5人目。名古屋場所では3場所連続5度目の賜杯を逃したが、14勝1敗で優勝次点の好成績を収めた。19日に行われた横綱審議委員会の会合では、満場一致で横綱に推挙された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加