NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ

50年脱炭素へ次期基本計画 エネルギーの現状との乖離大

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/07/21

経済産業省は21日、国の中長期的なエネルギー政策の方向性を示すエネルギー基本計画の素案を有識者会議に示した。2050年の脱炭素化に向けた一里塚としての位置づけだが、政府が描く50年の絵姿と現状の乖離(かいり)は大きく、長期的な戦略がなければ目標に到達できないことは明らかだ。技術革新に加え、エネルギーをめぐる日本の事情に応じた取り組みが不可欠とみられている。政府はこれまでの議論の中で、50年の脱炭素

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加