第1回WBCに出場した西岡剛、侍ジャパンにエール「個性を出して戦って」

第1回WBCに出場した西岡剛、侍ジャパンにエール「個性を出して戦って」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2023/01/25
No image

第1回WBC出場した時の西岡剛

21日に放送された『ラジオペナントレースNEXT powerd byニッポン放送ショウアップナイター』の『侍ジャパンプレーヤー』というコーナーに第1回WBC日本代表として世界一に貢献した西岡剛が出演した。

第1回WBCの時に21歳という若さで出場した西岡は当時、「王さん、長嶋さんという名前は僕たちの中では神様的存在の方なので、その方と一緒に野球をやるというのはすごく不思議な気分でしたね」と話し、「君は21歳で若いんだから、チームのためとかじゃなく好きなように、自分のやりたいように思い切ってやってこいと言われていましたね」と第1回WBC日本代表の指揮をとった王貞治監督に声をかけられたそうだ。

今回、WBCに出場する選手たちについて、西岡は「深く考えずに、自分の直感力、感性を磨いて、個性を出して戦って欲しいなと思います」とエールを送った

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加