雷雨中断も影響なし!琉球は敵地で今季最多5得点快勝、首位新潟を勝ち点1差追走

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/05/01

[5.1 J2第11節 相模原1-5琉球 ギオンス]

2位のFC琉球は、敵地でSC相模原から今季最多の5得点を奪って快勝した。

前半9分に雷雨による中断アクシデントに見舞われた試合だが、再開直後に琉球はDF田中恵太のクロスをMF清武功暉が頭で合わせて先制。さらに同35分にも清武がゴールを奪うと、同40分にはMF池田廉が2試合連続ゴール。前半終了間際にセットプレーから1点を返されたが、リードを持って後半に折り返す。

後半に入ると同時に4人を交代した相模原に対して琉球は落ち着いて対応。終盤まで3-1で試合を進めると、後半34分、左サイドからMF茂木駿佑が蹴ったCKがオウンゴールを誘発。同42分には茂木にとどめの5点目が生まれた。

第9節の町田戦で今季初黒星を喫した琉球だが、影響を引きずることなく、これで2連勝。昨年2度記録したJ2のクラブ最多得点記録の6にはあと1点及ばなかったが、今季最多の5得点で快勝した。また勝ち点は28。無敗をキープした首位の新潟に勝ち点1差をがっちりキープした。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加