「THE 重大事件」日本人の記憶に強く刻まれている重大事件の数々 その真実を完全ドラマ化

「THE 重大事件」日本人の記憶に強く刻まれている重大事件の数々 その真実を完全ドラマ化

  • 日テレTOPICS
  • 更新日:2022/05/13
No image

昭和・平成に起こった数々の重大事件、その事件の裏側では何が起こっていたのか?当時の背景を徹底的に調べ上げ、その衝撃の真実を完全ドラマ化するノンフィクション実録ドラマシリーズ「THE 重大事件」を、5月17日(火)からHuluで独占配信。

「THE 重大事件」で扱うのは、「福田和子 14年と344日逃げ続けた女」や「土谷正実 サリンを造った男」など、日本人の記憶に強く刻まれている過去の事件。犯人は、どうして人を殺害するに至ったのか。犯行に至るまでの過程や心情、周囲の人々の反応は? 事件の裁判資料や当事者の手記、さらに、犯人に接見できた人物への独自取材などを基に再現ドラマを構成。改めて事件の詳細を知ることが出来るのはもちろん、「そうだったのか」と考えさせられる事実も多数。

■制作は数々の再現ドラマを生み出してきた「ザ!世界仰天ニュース」チーム

手掛けたのは2001年の放送開始から現在に至るまで、数多くの再現ドラマを制作している「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系 毎週火曜よる9時放送)チーム。本作では、1つの事件を3話完結で配信していく。

映像では事件当時の生活スタイルや捜査風景といった世界観の再現はもちろん、登場人物たちの葛藤、迷いなどといった心情もリアルに描写。実際にテレビで流れていた事件の映像なども交えたリアルな構成と演出となっている。

■3つの事件の知られざるエピソードが精緻な心情描写とともに、ここで明かされる

「THE 重大事件」で扱う事件は、「福田和子 14年と344日逃げ続けた女」「土谷正実 サリンを造った男」「トリカブト 1時間35分のトリック」の計3本。

「福田和子 14年と344日逃げ続けた女」では、犯人である福田和子の手記などから見えてくる彼女の“母親像”などを描く。「土谷正実 サリンを造った男」では、犯人・土谷正実が友人と交わした、およそ400通の手紙を基に土谷の当時の心情を詳細に描写。「トリカブト 1時間35分のトリック」は、犯人・神谷力の3人目の妻の友人へ追加取材を実施。

現在、予告映像(https://youtu.be/y4QWKN7ksGo)も公開中。

■あらすじ

Vol.1
「福田和子 14年と344日逃げ続けた女」<3話>
1982年。愛媛県の松山市内にあるキャバレーでホステスとして働いていた福田和子は、同僚だったホステスを殺害。そのまま夫と4人の子どもを置いて逃亡する。その後、整形を繰り返して14年逃亡を続け、時効成立まであと21日を残す中で逮捕に至った。20以上の偽名を使い分けた通称「7つの顔を持つ女」は、どんな逃亡生活を送っていたのか。また彼女を追い続けた警察は、どうやって逮捕にこぎつけたのか。

Vol.2
「土谷正実 サリンを造った男」<3話>
1995年3月に発生し、死者13人、負傷者5800人以上を出した地下鉄サリン事件。犯行に使われたサリンを製造したのは、将来を嘱望された高学歴エリート・土谷正実だった。土谷はどんな過程でオウム真理教の信者になり、なぜサリン製造に手を染めてしまったのか。

Vol.3
「トリカブト 1時間35分のトリック」<3話>
1986年5月。神谷力の3人目の妻が旅先で突然死した。彼の過去2人の妻も不審な死を遂げており、さらに多額の保険金がかけられていたことも明るみに。だが、犯罪の痕跡がどこにも見つからず。毒物の研究にいそしみ、毒に取りつかれた神谷が企てた完全犯罪計画とは? 猛毒トリカブトやフグ毒を駆使した男の犯罪を、警察と大学教授が解き明かしていく。

■プロデューサー・福田一寛コメント

手前味噌でありますが、非常に見応えのある3話だと思います。1話あたりおよそ2時間の長尺ではありますが、一度見るとぐいぐい引き込まれていくことは間違いないかと思います。事件をご存じの方も、事件を知らない若い世代の方も、この機会にぜひご覧頂ければ幸いです。

■配信情報

タイトル:
「THE 重大事件」
配信情報:
2022年5月17日(火)からHuluで独占配信
総合演出:
石田昌浩
演出:
森田俊介
脚本:
vol.1「福田和子 14年と344日逃げ続けた女」中村小梅
Vo.2「土谷正実 サリンを造った男」 、vol3「トリカブト 1時間35分のトリック」赤松新
チーフプロデューサー:
土屋拓
プロデューサー:
福田一寛 若林愛美 一瀬あいみ
制作協力:
厨子王
製作著作:
日本テレビ

日本テレビ放送網株式会社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加