ウイルス活性化防げ!タクシーの安全安心に新装置【岡山・岡山市】

ウイルス活性化防げ!タクシーの安全安心に新装置【岡山・岡山市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2020/10/16
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

岡山市の両備グループは、新型コロナウイルスの感染防止対策として、タクシーの車内に特殊な紫外線を当てて除菌する装置を開発しました。

(報告 岸下恵介アナ)

「タクシーの後部座席で光っているのが見えると思います。今除菌作業が行われていて3分程度で終わります」

両備テクノモビリティーカンパニーが開発したのは、タクシーの除菌装置、「ハイドライザー」です。車内に特殊な紫外線を当てることで、細菌やウイルスが活性化しなくなります。新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、タクシーの運転手や乗客の安心につなげようと約3カ月かけて開発しました。

(両備テクノモビリティーカンパニー 企画開発 重本三千男 統括)      「コロナウイルスが無い状況をまず作ることが大事。この装置を使っていただいて健康安心につながれば」

この装置は両備グループのタクシーで使用し、改良を加えながら10万円以下での販売を目指すということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加