ソフトバンクが5G活用のVR遠隔サービス開始、VR空間で集合研修や作業支援

ソフトバンクが5G活用のVR遠隔サービス開始、VR空間で集合研修や作業支援

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/09/15
No image

ソフトバンクは9月15日、ポケット・クエリーズと協業し、5G(第5世代移動通信システム)とVR(仮想現実)技術を活用して遠隔地からVR空間で集合研修や作業支援ができるサービス「VR遠隔支援」の提供を2021年10月から開始すると発表した。

VR空間と実空間をつなぎ複数のロボットを遠隔操作するソリューション‐凸版

同サービスでは、360度カメラで撮影した映像を編集して研修用のVRコンテンツを作成し、VR空間で集合研修ができるほか、工場などの現場に設置した360度カメラの映像をVRデバイスやタブレットへ伝送し、遠隔地からVR空間上で作業支援をすることができる。

これにより、技術者の不足が課題となっている製造業などにおいて、熟練技術者による技術の継承や、突発的な不具合が発生した際の遠隔地からの状況把握や作業指示などが可能になる。

5GやLTEなどの通信ネットワークやクラウド環境はソフトバンクが一括して提供し、ユーザーは360度カメラとVRデバイスやタブレットを用意する。5Gの「高速・大容量」という特徴により、高精細なVR映像を複数のデバイスに安定して伝送することが可能だとしている。

早川竜太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加