阪神石井大智250万円増の800万円更改「情けない。来年30試合目標」

阪神石井大智250万円増の800万円更改「情けない。来年30試合目標」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

契約更改を終え会見場に入る阪神石井大(代表撮影)

阪神の石井大智投手(24)が兵庫・西宮市内の球団施設で契約交渉に臨み、250万円アップの年俸800万円でサインした。

20年ドラフトで四国IL・高知から12球団支配下選手では最後となる74番目、ドラフト8位で阪神入団。1軍キャンプからアピールを続け、開幕1軍入りすると、中継ぎとして18試合に登板した。開幕から同じくルーキーの佐藤輝、伊藤将、中野と4人で快進撃を支えてきた。だが、8月26日に降格後は、再昇格できず優勝争いを続けるチームに貢献できず、0勝1敗、防御率6・23に終わった。石井大は「自分だけファームに落ちて情けない。来年はずっと1軍にいられるように。最低30試合(登板)を目標に掲げてやっていきたい」と来季のフル回転を誓った。(金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加