交通量の多い通りで...バス停に車 40代女性死亡

交通量の多い通りで...バス停に車 40代女性死亡

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/11/25
No image

動画を見る(元記事へ)

神奈川県横浜市でワンボックスカーが歩道に突っ込んで40代の女性が死亡、もう1人の女性も意識不明の重体です。事故現場から報告です。

(社会部・藤原良太記者報告)
(Q.現場はどんな場所?)
現場はマンションや老人介護施設が近くにある、車の通りが多い道路となっています。

事故を起こした車は交差点の方から歩道に乗り上げ、奥にあるバス停に突っ込みました。

車はすでに現場から運び出されていますが、バス停の時刻表が車道に沿う形で曲がっていることが分かります。

運び出された車はフロントの左側が大きくへこんでいて、車のリアガラスが衝撃からなのかひびが入っていました。

この事故で女性2人が病院に運ばれ、40代の女性が死亡、1人の女性が意識不明の重体となっています。

警察は、この車を運転していた男を現行犯逮捕しています。

こちらは最寄り駅まで歩いて約15分ということで、バスを利用する客が多いということです。

事故当時も5人がバスに並んでいたということです。

(Q.目撃証言で運転手が意識がもうろうとしているように見えたとあるが、原因につながるような目撃証言は入ってきているか?)
警察に話は聞いていますが、まだそういった話は入ってきていません。

しかし、交差点のところですが、右に緩やかに曲がっているカーブで何らかの原因で曲がり切れなかったのではないかと警察は話していました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加