宇良 初白星も相手が「本当に強い」幕内上位の“壁”を痛感

宇良 初白星も相手が「本当に強い」幕内上位の“壁”を痛感

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/09/15
No image

千代翔馬を押し出しで破り懸賞を手に引き揚げる宇良(撮影・開出牧)

「大相撲秋場所・4日目」(15日、両国国技館)

東前頭6枚目、人気業師の宇良(29)=木瀬=が千代翔馬(九重)を押し出して初白星を挙げた。低い当たりで先手を取って、相手の引きに乗じて一気に出た。

「勝てて良かった。流れに乗れた。この番付は(相手が)本当に強い。勝てないです」と幕内上位の圧力を実感。動き自体は初日から「問題ない」と言い、1勝3敗から巻き返していく。

宇良は2度の右膝手術で一時は序二段まで降下。長いリハビリを乗り越え昨年11月場所で十両に復帰。先場所21場所ぶり幕内復帰を果たし、4年ぶり幕内で勝ち越した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加