山口達也さん 依存症で約1年入院していた 直筆署名入り謝罪コメント発表

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/20

酒を飲んでバイクを運転したとして道交法違反の罪で18日に略式起訴された元TOKIOの山口達也さん(48)が19日、謝罪コメントを発表した。

報道各社に直筆署名入りの文書をFAXで送付。「被害者並びに多くの皆様に多大なご心配とご迷惑をお掛けしました」と謝罪し、「第2の社会人生活を送るため、アルコール依存症を克服しようと努めて参りました。しかしながら、今回の飲酒運転という行動についてはアルコール依存症以前の問題であって弁明の余地はなく、真摯にその罪を償っていく所存です」と猛省。「再度専門医のご指導を仰ぎこれ以上信頼を裏切ることのないよう努めて参ります」と決意を記した。

身元引受人である兄も謝罪。山口さんがジャニーズ事務所を退所後、アルコール依存症の診断を受け、2018年5月から19年4月まで専門病院で入院加療、19年5月から専門医による通院治療を行ってきたことを説明。「治療は順調に進んでいると親族一同信じておりましたが、この度の事故を受けて私共の認識が甘かった事を痛感」と記した。今回の事故は「飲酒運転そのものに対する本人の認識の甘さに起因」とも指摘。山口さんに対して「自覚と猛省」を求めた上で「今まで以上に支えていきたい」としている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加