未勝利でも侮るなかれ! オーストリアの26歳はこんな選手【オリンピアンの素顔】

未勝利でも侮るなかれ! オーストリアの26歳はこんな選手【オリンピアンの素顔】

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2021/07/22
No image

マティアス・シュワブ、高精度のショットでメダル獲りに挑む|撮影:GettyImages

東京五輪のゴルフ競技が7月29日に開幕する。ゴルフは前回のリオ五輪で112年ぶりに復活。今回も各国から男女60名が4日間72ホールをプレーする。開幕を前に、代表選手たちのプロフィールをおさらい。世界中から集まる代表選手が霞ヶ関をどう攻略するのかに注目だ。

松山英樹のドライバースイングをコマ送りで【連続写真】

【マティアス・シュワブ】(オーストリア)
■生年月日:1994年12月9日生まれ 26歳
■身長:182センチ
■プロ転向:2017年

米国のヴァンダービルト大学時代には、オールアメリカンに2度選出されるなど活躍。2012年の「全英アマ」では決勝に進出し、栄冠まであと一歩まで迫った。

卒業後は欧州ツアーを主戦場に定め、2017年にプロ転向。同年のQTを突破して翌年のレギュラーツアー出場権を得ると、そのルーキーシーズンはレース・トゥ・ドバイランキング72位でシード権をつかんだ。19年はトップ10入りを10度記録。優勝には手が届かなかったが、前年を上回るランキング17位と躍進を遂げた。

シュワブの武器は、何と言ってもセカンド以降の精度だ。ルーキーシーズンにはパーオン率73.27%で全体4位になっており、不調だった20年もツアー平均を大きく上回る70.50%(24位)を記録。今年は平均ストロークでも69.64で17位(7月15日時点)と高水準で、安定感のあるゴルフで霞ヶ関を攻略にかかる。

ちなみに、スキー大国オーストリア出身とあって、本人の趣味もスキー。自身のインスタグラムではたびたびゲレンデで楽しむ写真をアップしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加