ボルダラース監督「久保はとてもいいものを見せてくれた」

ボルダラース監督「久保はとてもいいものを見せてくれた」

  • J SPORTS
  • 更新日:2021/01/13

2021年1月8日金曜日、ヘタフェ公式ページに“BIENVENIDO(ようこそ)”の文字が躍る。ついに久保建英の新天地が決まった。

No image

予定では現地時間日曜日18時半開催だったアウェイでのエルチェ戦だが、記録的な大雪によりマドリード・バラハス空港が閉鎖されたため移動できず、試合は月曜日19時への変更を余儀なくされる。

紆余曲折を経て第18節、ヘタフェはアウェイエルチェに乗り込む。注目の久保はベンチスタート。1月6日に加入した、バルサからレンタル移籍のカルラス・アレニャーはスタメンに名を連ねた。試合は前半4分、ヘタフェは左サイドからの突破を許し、クロスからラウール・グティに合わせられ、先制点を挙げられる。それでも前半39分、右ポルティージョからのクロスにバルサカンテラ出身のククレジャが頭で合わせ同点として、前半を終了。

さらに後半7分、エルチェMFが警告2枚で退場し、ヘタフェが数的優位となる。そして後半19分、マクシモヴィッチに代わり久保が投入される。その5分後、中央アレニャーからの素晴らしいダイレクトパスに抜け出した右サイド久保が中へ切り込み左足弾丸シュート、GKはかろうじて弾くも、ハイメ・マタがつめ逆転に成功。さらに後半39分、右サイドを抜け出した久保のクロスに合わせにいこうとした途中出場アンヘルが倒され、ヘタフェがPK獲得。これをアンヘル自ら決め、リードを2点差に広げる。試合はこのまま終了。

アス紙によると試合後の記者会見でボルダラース監督は「この勝利を満喫するとともに、アレニャーと久保の加入をとても喜んでいる。エルチェ戦で見せてくれたことは、チームの浮上にとても重要なことだ。アレニャーは少し練習できたが、久保に関しては実際、練習に合流していない。でも久保は細かいところでとてもいいものを見せてくれた」と二人を称賛した。

久保に関して監督は、「先週金曜日にマドリードに着いてから彼と話している。まずチームについて、それからチームのためにどのように彼のプレーを生かすか、すり合わせなければならなかった。率直に言ってプレーは良かったし、ゴールを演出している」と、合格点。さらに「戦術を変えられるオプションが増えたし、選手みんなが素晴らしいレベルにある」と勝利の余韻もあってか、とても満足げ。中でも、バルサカンテラ出身3選手、アレニャー、ククレジャ、久保の見せたパスワークはここ数年のヘタフェにはなかった創造性を見せた。今後の久保建英とヘタフェの戦術に注目だ。

文:J SPORTS編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加