柔道リオ五輪銅メダル・近藤亜美が引退発表「濃い20年間、いい人生でした」

柔道リオ五輪銅メダル・近藤亜美が引退発表「濃い20年間、いい人生でした」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/17
No image

近藤亜美

柔道女子48キロ級で16年リオデジャネイロ五輪銅メダリストの近藤亜美(25)=三井住友海上=が16日、現役引退を発表した。自身のツイッターで「私、近藤亜美は競技生活を引退する事を決断致しました。今までのたくさんの応援、サポートに心から感謝しています。ありがとうございました。振り返るとキリがないほど濃い20年間、いい人生でした」と報告した。

近藤は21歳で出場した16年リオ五輪で銅メダルを獲得。ただ、東京五輪の代表争いには敗れ、出場権を逃していた。

「20年間という途方もない時間を費やして夢を追い続けた結果、少しだけ夢がかないました。全てはかないきらなかったのが本音です。たくさんの試練があって、たくさんの喜びとつらさが交錯した20年間でした」と思いをつづった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加