乃木坂46がデビュー当時や初パフォーマンスの思い出を語る『MUSIC BLOOD』

乃木坂46がデビュー当時や初パフォーマンスの思い出を語る『MUSIC BLOOD』

  • TVLIFE
  • 更新日:2021/06/11
No image

6月11日(金)放送の『smash. presents MUSIC BLOOD』(日本テレビ系 後11・00~11・30)に乃木坂46が登場する。

乃木坂46は、2011年に秋元康氏のプロデュースにより、AKB48の公式ライバルとして誕生。2019年のライブ動員数は60万人を超え、女性アーティストで第1位に。今年2月に行われた生配信ライブでは、2日間で推定視聴者数72万人を記録した。8月で結成10年を迎え、アイドルグループの頂点に君臨している。今回は齋藤飛鳥、遠藤さくら、梅澤美波、松村沙友理、山下美月、与田祐希、高山一実、秋元真夏が登場する。

トーク収録で乃木坂46のメンバーを目の当たりしたMC2人は「華やかですね~」(田中圭)、「空気が浄化されていますね!」(千葉雄大)といつもよりテンション高め。

今回出演している8人のメンバーの中で、1期生は4人。当時は全員10代で、13歳だった齋藤は、みんな優しく部活のような雰囲気で楽しく参加していたという。

田中が「雄大は13歳のとき何してた?」と聞くと、千葉は「13歳の時なんて、鼻水垂らしてましたよ」とおどけて見せ、メンバー全員が大爆笑。「おい、なんなんだよ、そのキャラ急に」と田中がツッコむと、千葉は「あと蝶々を追いかけていましたよ」とボケを連発。しかし千葉は、蝶々のくだりは台本通りだと言い張る。それに納得がいかない田中は「えっ、そんなの書いてあった? 台本のせいにすんなよ!」と入念にチェックし、「あっ本当だ!(笑)」と台本通りであることに気付く。

続いて、デビュー当時を振り返ることに。2012年1月、初めてパフォーマンスを披露することになった乃木坂46。高山が「物が飛んできたりとか、ブーイングがあるのを覚悟で挑んでいました」と語るほど過酷なライブの場をメンバーが振り返る。

初のパフォーマンスの舞台も記憶に残っているそうで「終わった後にみんなで褒め合いました。その後ステージに立つことの怖さから解放されたからか、メンバーみんなで泣きました」という松村。高山も「ライブが終わったら、みんなで褒め合うことはずっとやっていることなのですが、今振り返ってみると、その習慣はこの時に生まれたのかもしれません」と語る。

そんな乃木坂46が「BLOOD SONG」としてメンバーにとってもファンにとっても大事な一曲を披露する。

6月11日(金)後3時からは乃木坂46・1期生メンバーとして活躍する松村沙友理の独占インタビューがsmash.で独占配信される。

smash. 松村沙友理インタビュー視聴リンク:https://sharesmash.page.link/GQ1z

『smash. presents MUSIC BLOOD』
日本テレビ系
2021年6月11日(金)後11・00~11・30

この記事の写真

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

TV LIFE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加